このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

食品等のリサイクルの新たな展開を目指す亜臨界水処理技術の導入検討


食品等のリサイクルの新たな展開として、亜臨界水処理技術の導入について検討を行いました。検討内容を掲載いたします。

 令和2年度 検討内容

プラスチックを含むコンビニ食品廃棄物を原料に、亜臨界水処理装置のメタン発酵施設への導入について検討を行いました。検討内容を掲載いたします。

令和2年度食品等のリサイクルの新たな展開を目指す亜臨界水処理技術の導入検討委託調査事業
概要版(PDF : 1,026KB)

全体版(PDF : 6,104KB)  
分割版(1/5)(PDF : 902KB)分割版(2/5)(PDF : 1,640KB)分割版(3/5)(PDF : 1,742KB)
分割版(4/5)(PDF : 1,041KB)分割版(5/5)(PDF : 1,971KB)

 令和元年度 検討内容

食品等のリサイクルの新たな展開として、飼料・肥料の高付加価値化や分別手間の解消を期待する亜臨界水処理技術の導入について、検討会および検討内容を掲載いたします。

第1回検討委員会(令和元年8月8日)

(1)「食品等のリサイクルの新たな展開を目指す亜臨界水処理技術の導入検討委員会」について

(2)背景、議論の進め方

(3)亜臨界水処理技術の導入検討について

第2回検討委員会(令和2年3月9日)

(1)亜臨界水処理技術の導入検討について
      ・亜臨界水処理技術の実機試験
      ・飼料製造における亜臨界水処理技術の導入検討
      ・肥料製造における亜臨界水処理技術の導入検討
      ・メタン発酵施設における亜臨界水処理技術の導入検討

資料1~5は、第2回検討委員階の結果を踏まえて修正しております。


令和元年度食品等のリサイクルの新たな展開を目指す亜臨界水技術の導入検討調査事業

検討委員会実施にあたり、実施試験等の調査事業を実施しました。概要版を掲載いたします。
実施試験は分割版2/5、飼料製造は分割版3/5、肥料製造は分割版4/5、メタン発酵は分割版5/5をご確認ください。

概要版(分割版(1/5))(PDF : 835KB)概要版(分割版(2/5))(PDF : 1,695KB)
概要版(分割版(3/5))(PDF : 951KB)概要版(分割版(4/5))(PDF : 1,085KB)
概要版(分割版(5/5))(PDF : 1,051KB)

お問合せ先

大臣官房環境バイオマス政策課

担当者:技術班
代表:03-3502-8111(内線4316)
ダイヤルイン:03-6738-6477
FAX番号:03-6738-6552

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader