このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

GFP 農林水産物・食品輸出プロジェクト

TOP

概要

GFPとは、Global Farmers / Fishermen / Foresters / Food Manufacturers Projectの略称であり、農林水産省が推進する日本の農林水産物・食品輸出プロジェクトです。
2018年8月31日に農林水産物・食品の輸出を意欲的に取り組もうとする生産者・事業者等のサポートと連携を図る「GFPコミュニティサイト」を立ち上げ、当該サイトに登録した者を対象に、農林水産省が「輸出の可能性」を診断することにより、サポートを行うこととしています。

GFPイベント開催のお知らせ NEWアイコン

(1)輸出促進キャラバン

令和3年の農林水産物・食品の輸出額は、初めて1兆円を突破しましたが、2025年2兆円、2030年5兆円の目標を達成するためには、輸出拡大をさらに加速化することが必要です。
その一環として、今国会で成立した改正輸出促進法の内容を早期に関係者に周知し、今後の施策の方向性について認識を共有するため、輸出促進キャラバンを実施します。
説明会の動画や資料など詳細はこちらのページをご覧下さい。

GFP登録者の優良事例 NEWアイコン

GFPのサポートを活用し輸出を拡大させた優良事例について取りまとめました。

先進的な輸出産地の取組動画 (外部リンク)

先進的な輸出産地の取組を紹介した動画を公開しました。

GFP登録者へのサービス提供

農林漁業者・食品事業者へのサービス

  • 輸出診断を無料で受けられます。
  • 輸出商社の「商品リクエスト情報」を受け取れます。
  • 輸出希望商品を輸出商社に紹介できます。多くの輸出商社は国内取引で商品を購入するため、輸出手続きを自ら行わずに速やかに輸出できます。
  • 輸出のための産地づくりは、計画策定から支援を受けられます。
  • メンバー同士の交流イベントに参加できます。

輸出商社・バイヤー・物流企業へのサービス

  • 生産者・製造業者が作成する「商品シート」を受け取れます。
  • 「商品リクエスト」を全国の生産者・製造業者に発信できます。
  • メンバー同士の交流イベントに参加できます。

GFP登録

GFP登録ページはこちら(外部リンク)

Facebook 

GFP公式Facebookページがオープンしました。
各地の訪問診断の様子など、GFPの活動を随時アップしていきます。

GFPロゴマーク 

GFPでは、GFPの認知度を高めるとともに登録者の連帯感を高めるために、GFPのロゴマークを設けています。
「GFPロゴマーク」の使用をご希望の方は、こちらをご参照ください。

GFPグローバル産地づくり推進事業

こちらよりご確認ください。(詳細ページ)

GFP輸出商社部会「コールドチェーン確保に関わる勉強会」報告書

こちらよりご確認ください。(詳細ページ)

食品輸出の輸送形態等に関するアンケート調査結果について

こちらよりご確認ください。(詳細ページ)

リンク先

GFP(農林水産物・食品輸出プロジェクト)

お問合せ先

輸出・国際局輸出支援課輸出産地形成室

担当者:輸出産地形成室
代表:03-3502-8111(内線4364)
ダイヤルイン:03-6738-7897

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader