このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

食育、知っていますか?

現在をいきいきと生き、生涯にわたって心もからだも健康で、質の高い生活を送るために、「食べること」を少し考えてみませんか?
自然のなかで育った食べものは、収穫され、加工され、食料品店やスーパーマーケットなどの店頭に並びます。私たちは、店頭にたくさん並んでいる食べ物のなかから、選び、調理して、食べています。
自然のなかで育まれた食べ物は、私たちのからだのなかまで、生きる力にまでつながっています。そして、それは次の世代へもつながっています。

食育ピクトグラム12 食育を推進しよう
乳幼児期から高齢期まで、それぞれのライフステージで大切にしたい食育の取組の図。
生涯にわたって「食べる力」=「生きる力」を育むことが重要です。

食育で育てたい「食べる力」

  • 心と身体の健康を維持できる
  • 食事の重要性や楽しさを理解する
  • 食べ物の選択や食事づくりができる
  • 一緒に食べたい人がいる(社会性)
  • 日本の食文化を理解し伝えることができる
  • 食べ物やつくる人への感謝の心
食育は全ての方に必要で、ボランティア活動、教育活動や農林漁業、食品製造・販売等その他の事業活動の中で、多くの方によって推進されています。~こんなことも食育です~「お料理をしたり…」「農林漁業体験をしたり…」食事のマナーを身につけたり…」「みんなで楽しく食事をしたり…」「食べ物の循環を学んだり…」食育には、様々な取組があります。次のページから始まる問いかけについて考え、身近なことから食育を実践してみませんか?
食育豆知識:毎年6月は「食育月間」、毎月19日は「食育の日」毎年6月は「食育月間」です。食育推進全国大会のほか、食育をテーマとした多くの取組やイベントが全国各地で実施されます。

くわしくは

食育の推進【農林水産省】
https://www.maff.go.jp/j/syokuiku/


お問合せ先

消費・安全局消費者行政・食育課

担当者:食育総括班
代表:03-3502-8111(内線4576)
ダイヤルイン:03-6744-1971
FAX番号:03-6744-1974