このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

環境に優しい食べ物、選んでいますか?

地球の資源量や環境に与える影響を配慮しない生産や消費により環境への負荷が生じています。環境に配慮した農林水産物・食品を選ぶことは、持続可能な食料システム(フードシステム)の構築につながります。

食育ピクトグラム8 食べ残しをなくそう 食育ピクトグラム9 産地を応援しよう

有機農業とは

農薬や化学肥料に頼らず、環境への負荷をできる限り少なくする方法で生産する有機農業は、自然資源の循環によって支えられています。循環型農業は、人にも環境にも優しいといえます。

自然の資源のつながりを現している図
農産物(米)、飼料(稲わら)、畜産物(牛)、堆肥(牛ふん)が循環している

有機農産物のJAS(日本農林規格)に適合し、認証された事業者のみが有機JASマークを貼ることができます。

有機JASマーク

温室効果ガスの排出抑制

輸送の距離が長いと、温室効果ガスの排出が多くなりますが、消費者にはそれがわかりにくいです。そこでエネルギー効率に優れた貨物鉄道輸送を一定割合以上利用している場合に、「エコレールマーク」の認定を受けられる仕組みを設けました。

エコレールマーク

レジ袋有料化

令和2年7月1日より、全国でプラスチック製買物袋の有料化を行うこととなりました。これは、レジ袋を有料化することで、それが本当に必要かを考えていただき、私たちのライフスタイルを見直すきっかけになることを目的としています。

食育豆知識:さまざまなエコラベル
エコラベルは、環境負荷の低減や環境保全につながる商品・サービスであることを表すものです。エコラベルには、消費者が環境負荷の少
ない製品を選ぶ際の手助けになることが期待されており、文字やマークなど様々な種類があります。

くわしくは

特集1 学ぼう!有機食品(1) 【農林水産省】
https://www.maff.go.jp/j/pr/aff/1311/spe1_01.html


お問合せ先

消費・安全局消費者行政・食育課

担当者:食育総括班
代表:03-3502-8111(内線4576)
ダイヤルイン:03-6744-1971
FAX番号:03-6744-1974