このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

食べ物、捨てていませんか?

本来食べられるのに捨てられてしまう食品を「食品ロス」といいます。食べ物を捨てることはもったいないことですし、環境にも悪い影響を与えるかもしれません。食品ロス削減のために何ができるか、一緒に考えてみませんか?
少し意識して行動するだけで、その積み重ねが大きな削減につながります。

食育ピクトグラム8 食べ残しをなくそう

日本の食品ロスってどのくらい?

日本では、一年間で約570万トンもの食べ物が捨てられています。これは日本で暮らす人、一人の分量に換算すると、年間約45kg。毎日、お茶碗一杯分のご飯に近い量を捨てていることになります。

食品を捨てているイメージイラスト

出典:農林水産省、環境省 食品ロス量(令和元年度推計値)

食品ロスの約半分は家庭から出ている

日本の食品ロス量の約半分は家庭から出ています。みんなが「もったいない」という思いを持ち、行動することで食品ロスは減らせます。
無駄な買い物をしない、料理を食べきるなど、できることから始めてみましょう。

「ろすのん」は食品ロス削減国民運動のロゴマーク

食品ロス削減は、食品の生産、製造から加工、流通、販売、消費までのフードチェーン全体で取り組んでいく必要があり、食品ロス削減に向けた国民運動「NO-FOODLOSS PROJECT」が展開されています。そこで、食品ロス削減国民運動のロゴマークとして誕生したのが「ろすのん」です。

「ろすのん」のロゴマークとキャッチコピー 食べ物に、もったいないを、もういちど。
NO - FOODLOSS PROJECT
食育豆知識:使いやすい&食品ロスが防げる!冷蔵庫整頓術
冷蔵庫の収納率は7割を目安にしましょう。「どこに」「何が」「どのくらいあるのか」を把握できていないと、食品ロスを生むことにつなが
ります。
定期的に冷蔵庫内をチェックして、整理しましょう。

くわしくは

食品ロス・食品リサイクル 【農林水産省】
https://www.maff.go.jp/j/shokusan/recycle/syoku_loss/index.html


お問合せ先

消費・安全局消費者行政・食育課

担当者:食育総括班
代表:03-3502-8111(内線4576)
ダイヤルイン:03-6744-1971
FAX番号:03-6744-1974