このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

その食べ物、誰がどこで作ったものか、気にして選んでいますか?

食べ物を選ぶ時は、産地や生産者を意識して農林水産物・食品を選ぶようにしましょう。自分が応援したい地域や、被災地などの産品を選ぶことで、その地域の生産者を応援することにもつながります。

食育ピクトグラム8 食べ残しをなくそう 食育ピクトグラム9 産地を応援しよう

地産地消って何がいいの?

消費者と地域の生産者との「顔の見える関係」により両者の結びつきが強化される他、地場産農林水産物の消費の拡大などによる地域の活性化、流通コストの削減、輸送時に発生するCO₂の抑制、地元に対する理解の深まりなどの効果が期待されています。

どんなことが表示されているか、見てみましょう

一般に販売されている加工食品や生鮮食品のうち、パックや缶、袋などには、さまざまな表示がされています。見たことがありますか?

加工食品の表示例と生鮮食品の表示例のイラスト 食品や材料の産地に注目しましょう

日本の食料自給率

日本の食料は、約37%が国内で生産されたもの、約63%は海外からの輸入によるものです。
我が国の食料自給率は、諸外国と比較すると、低い水準にあります。

日本の食料自給率のグラフ。内容は以下。国内38% 海外62%

出典:農林水産省 「令和2年度食料自給率について (令和2年度カロリーベース)」

食育豆知識:「食から日本を考える。ニッポンフードシフト」 「ニッポンフードシフト」では、私たちの日々の暮らしに欠かせない食と、その背景にある生産現場への理解を深めていただくための情報を幅広く発信し、食や農について考えるきっかけ作りに取り組んでいます。

くわしくは

地産地消・国産農林水産物の消費拡大 【農林水産省】
https://www.maff.go.jp/j/shokusan/gizyutu/tisan_tisyo/


お問合せ先

消費・安全局消費者行政・食育課

担当者:食育総括班
代表:03-3502-8111(内線4576)
ダイヤルイン:03-6744-1971
FAX番号:03-6744-1974