このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

適正体重や減塩、気にしていますか?

生活習慣病の予防や改善のため、ふだんから適正体重の維持や減塩等に気をつけた食生活を実践しましょう。摂取する栄養素等の偏り、朝食欠食等の食習慣の乱れは、肥満ややせ・低栄養等、生活習慣病につながる課題となっています。

食育ピクトグラム4 太りすぎないやせすぎない

適切なエネルギー摂取量は?

自分のエネルギー摂取量が適切かどうかは、体重の変化を見れば分かります。体重の増減は、エネルギーの摂取量と消費量のバランスの目安です。

-自分の体型チェックに便利なのが体格指数(BMI:Body Mass Index)-

18~49歳の目標とするBMIの範囲は、18.5~24.9(kg/m2)です。生活習慣病の予防のために、この範囲内に維持することが望ましいです。自分のBMIを定期的にチェックしましょう。

出典:厚生労働省 「日本人の食事摂取基準(2020年版)」

エネルギーの摂取量と消費量のバランスのイラストと体格指数BMIの
求め方
●消費量<摂取量=体重増える
●消費量>摂取量=体重減る
BMI = 体重(kg) ÷ 身長(m) ÷ 身長(m)

食塩は控えめにしましょう

食塩をとり過ぎると、血圧が上がって循環器疾患のリスクが高まったり、胃がんのリスクが上昇したりします。
だしを使ったり、低塩の調味料を使用したり、風味づけに香味野菜を使うなど、できるところから減塩に取り組んで、徐々にうす味に慣れていきましょう。

おいしく減塩1日マイナス2gのマーク

出典:厚生労働省 「スマート・ライフ・プロジェクト マイナス2gマーク」

食育豆知識:食品の栄養成分表示を確認しましょう 「肥満ややせの予防のため、食品のエネルギー値と体重をチェック!」
適正体重を維持することは生活習慣病予防やフレイル予防につながります。
「高血圧予防のため、食塩相当量をチェック!」 減塩は、高血圧の予防や管理に効果があります。

くわしくは

スマート・ライフ・プロジェクト 【厚生労働省】
https://www.smartlife.mhlw.go.jp/(外部リンク)


お問合せ先

消費・安全局消費者行政・食育課

担当者:食育総括班
代表:03-3502-8111(内線4576)
ダイヤルイン:03-6744-1971
FAX番号:03-6744-1974