このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

更新日:平成28年12月26日
作成日:平成28年3月11日

肉用牛農場のリステリア・モノサイトジェネス保有状況調査

 2.3.4.1. 牛農場

 2.3.4.1.1. 肉用牛農場の菌保有状況調査(平成22~24年度)

肉用牛農場のリステリア・モノサイトジェネスの保有状況の傾向を把握するために、平成22年度に25農場、平成23年度に25農場、平成24年度に50農場において、1農場につき10頭を対象にリステリア・モノサイトジェネスの調査を行いました。

その結果、平成22、24年度は、農場からリステリア・モノサイトジェネスは分離されませんでした。平成23年度は、農場のリステリア・モノサイトジェネス保有率は4%、肉用牛のリステリア・モノサイトジェネス保有率は0.4%でした。

(1) 目的

肉用牛農場と肉用牛のリステリア・モノサイトジェネスの保有状況の傾向を把握する11

11 「肉用牛農場及び乳用牛農場のシガ毒素産生性大腸菌保有状況調査」(2.3.1.1.2)、 「肉用牛農場のカンピロバクター保有状況調査」(2.3.2.1.1)及び「肉用牛農場のサルモネラ保有状況調査」(2.3.3.1.1)と併せて実施。

(2) 試料採取

○ 第1回調査

平成22年12月~平成23年2月に、肉用牛を飼養する25農場で、1農場につき10頭(計250頭)の肥育舎の牛の直腸便(1農場につき試料10点)を採取しました。調査対象の牛の平均月齢は23か月齢(6~31か月齢)でした。

○ 第2回調査

平成23年7~9月に、肉用牛を飼養する25農場で、1農場につき10頭(計250頭)の肥育舎の牛の直腸便(1農場につき試料10点)を採取しました。調査対象の牛の平均月齢は26か月齢(20~32か月齢)でした。

○ 第3回調査

平成24年8~平成25年1月に、肉用牛を飼養する50農場で、1農場につき10頭(計500頭)の肥育舎の牛の体表を拭き取り、それを試料(1農場につき10点)としました。調査対象の牛の平均月齢は22か月齢(3~38か月齢)でした。

(3) 微生物試験

直腸便又は体表の拭き取り試料を用いてリステリア・モノサイトジェネスの定性試験(3.3.1.1 (3)3.3.1.3)を行いました。これらの試料(10頭の直腸便又は体表の拭き取り試料)のうち、1点でもリステリア・モノサイトジェネスが分離された農場は、陽性(リステリア・モノサイトジェネス保有)と判定しました。

(4) 結果

第1回調査及び第3回調査では、肉用牛農場からリステリア・モノサイトジェネスは分離されませんでした。第2回調査では、肉用牛農場のリステリア・モノサイトジェネス保有率は4%(1/25)、肉用牛のリステリア・モノサイトジェネス保有率は0.4%(1/250)でした。

 

まとめ

調査対象数は限られていますが、平成22、24年度に実施した調査では、肉用牛を飼養する25農場、50農場からリステリア・モノサイトジェネスは分離されず、平成23年度に実施した調査では、4%がリステリア・モノサイトジェネスを保有していました。

今後も、肉用牛農場のリステリア・モノサイトジェネス保有状況について情報を収集していきます。

お問合せ先

消費・安全局食品安全政策課

担当者:危害要因情報班
代表:03-3502-8111(内線4457)
ダイヤルイン:03-6744-2135
FAX番号:03-3597-0329