このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

会議等情報

GAPの価値を共有するフードチェーン連携パートナー会

GAPに取り組み生産された農畜産物のマーケットを計画的に拡大していく観点から、農畜産物の生産、流通、加工、小売、外食業者等を結集し、日本のフードチェーンにおけるGAPの価値の共有化を図ることを目的とした「GAPの価値を共有するフードチェーン連携パートナー会」を開催します。

<全国開催>

 <地方開催>
  • 北海道(札幌市)(平成29年11月22日開催)会議資料

GAP等規格・認証等の推進に関する食品関係団体会議

平成29年6月26日(月曜日)に、GAP、HACCP、JAS、GIといった規格・認証、知的財産の重要性や今後の施策について認識を共有し、小売・流通、食品加工、外食の団体への協力を依頼及び各団体との意見交換をするため、「GAP等規格・認証等の推進に関する食品関係団体会議」を開催しました。

全国GAP推進会議

平成29年5月29日(月曜日)に、今後のGAP推進の方向や具体的な取組について関係者で共有し、一体となってGAPの普及・拡大を強力に推進するため、「全国GAP推進会議」を開催しました。

都道府県GAP担当課長会議

「GAP戦略協議会」での議論を経て、「GAP共通基盤ガイドラインに則したGAPの普及・拡大に関するアクションプラン」を策定しました。

平成28年4月28日(木曜日)に、関係者一体となってGAPの普及・拡大を強力に推進するため、「都道府県GAP担当課長会議」を開催し、本アクションプランの説明等を行いました。

GAP戦略協議会

GAP関係者の力を結集し国内におけるGAPの取組の裾野を広げ、我が国農産物の安全性等の向上を図るとともに、国内外の消費者・実需者等の信頼確保に寄与することを目的として「GAP戦略協議会」を設置しました。

(1)GAP戦略協議会の設置について

(2)開催状況

農業生産工程管理(GAP)の共通の基盤づくりに関する検討会

農業生産工程管理(GAP)の共通基盤に関するガイドライン」の改定に関するブロック説明会

平成23年3月に改定を行った「農業生産工程管理(GAP)の共通基盤に関するガイドライン」に則した産地の取組を拡大するため、GAPの推進及び実施に携わる都道府県、農業者団体の担当者等を対象に改定内容を周知するためのブロック説明会を開催しました。

GAP手法導入・推進セミナー

GAPの推進に係る情報交換会

GAP手法導入・推進会議

お問合せ先

生産局農業環境対策課

担当者:GAP推進グループ
代表:03-3502-8111(内線4852)
ダイヤルイン:03-6744-7188
FAX番号:03-3502-0869

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader