このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

花き振興コーナー

お知らせコーナー 

平成28年度「国産花きイノベーション推進事業」の取組状況について

全国47都道府県において実施されている、平成28年度「国産花きイノベーション推進事業」の取組状況についてとりまとめました。

     詳細はこちら


花きの人を癒す効用が発揮できる施設での活用等について

生花や観葉植物が私たちの生活にうるおいや安らぎをもたらすことは、古くから経験的に知られていますが、近年、花きの効用が科学的に証明されるようになりました。このことから、オフィスや公共施設などにおいて、花きが持つリラックス効果を活かした花き活用が進められているところです。

他方で、感染予防のため、病院における生花の持込が規制される事例が散見され、新聞にも掲載されたことから問合せがあるところです。このため、花きの活用推進の観点から関連する事柄についてご紹介します。

詳細はこちら

 ・病院等で花きを取り入れた活動事例集 NEW

過去のおしらせはこちら 

施策について(法律・予算・補助事業関連・生産技術)

花きの振興に関する法律関連情報

平成26年6月、第186回通常国会において花き産業と花きの文化の振興を目的とした「花きの振興に関する法律」(平成26年法律第102号)が成立し、平成26年12月1日に施行されました。

花き関連予算

国産花きイノベーション推進事業(地区推進事業)

花き生産における技術・経営の紹介コーナー

公表資料(花きの現状・花きに関する統計・各種パンフレット)

花きの現状について(平成28年8月)

花きに関する統計

花きの作付面積、出荷量、出荷額等

パンフレット「美しい日本の花」“The Beautiful Japanese Flowers, Plants and Bonsai”

日本の花文化や美しい花きを紹介するパンフレットを作成しました。幅広くご活用いただけましたら幸いです。

パンフレット(PDF形式)はこちら

花きに関する取組(花育・花きの効用・いけばな花材等・異業種と連携した取組・室内緑化)

花育コーナー

花きの効用について

いけばな花材等について

異業種と連携した取組について

室内緑化取組事例集(PDF:1,797KB)

2016年アンタルヤ国際園芸博覧会

国際園芸博覧会2016アンタルヤIndoor Garden通信

         第1号(平成28年5月24日)(PDF:843KB) 
         第2号(平成28年6月23日)(PDF : 520KB)
         第3号(平成28年7月22日)(PDF : 482KB)
         第4号(平成28年8月23日)(PDF : 800KB)
         第5号(平成28年9月23日)(PDF : 795KB)
         第6号(平成28年10月24日)(PDF : 1,590KB)
 
         第7号(平成28年11月24日)(PDF : 817KB)  NEW
           付録1(PDF : 400KB)
          
 付録2(表紙~2ページ)(PDF : 1,551KB)付録2(3ページ~6ぺージ)(PDF : 1,732KB)付録2(7ページ~裏表紙)(PDF : 1,501KB)
           

アンタルヤ国際園芸博覧会 ジャパンデーの開催について  

    トルコ共和国で開催中のアンタルヤ国際園芸博覧会において、平成28年9月7日(水曜日)に「ジャパンデー」を、同日から9月10日(土曜日)まで「ジャパンフェスティバル」を開催します。
    農林水産省は、日本の花きや花文化、さらに日本とトルコとの友好の絆について集中的に発信します。
    プレスリリースはこちら

アンタルヤ国際園芸博覧会閉幕~屋内展示は「金賞」受賞~

    トルコ共和国で開催されていたアンタルヤ国際園芸博覧会が、平成28年10月30日(日曜日)に閉幕しました。
日本政府(農林水産省)の屋内展示は「金賞」を獲得しました。

    プレスリリースはこちら



過去のおしらせはこちら

会議・イベント(国際園芸博覧会・国際園芸見本市展示商談会・花き振興セミナー)

いけばな展示について

フラワーアレンジメント作品等の展示について

平成29年 農林水産省内フラワーアレンジメント作品展示者の募集について(募集は終了しました)

農林水産省では、花きの魅力を広く知っていただくために、正面玄関を基本に展示場所を設置し、フラワーアレンジメント作品等の発表の場として活用しておりますので、展示いただける方は是非お申し込みください。

申込はこちら

外部リンク

 

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader