ホーム > 組織・政策 > 消費・安全 > 食育の推進 > みんなの食育 > 世代・ライフスタイル別トピックス > 若者単身者編 > 朝ごはんを食べていますか


ここから本文です。

みんなの食育
  • 実践食育ナビ
  • みんなの食育
  • 子どもの食育
  • 食事バランスガイドとは
  • 食生活指針
  • 「食とからだ」チェックシート
  • 世代・ライフスタイル別トピックス
  • 超人シェフ倶楽部発レシピ

世代・ライフスタイル別トピックス

朝ごはんを食べていますか
朝ごはんが大切なワケ

朝食から一日の生活リズムを整えよう

朝食を食べない人の割合は年々増え、特に20~30代の男性の約30%は朝食を食べていません。
朝食を食べないと、体温も上がらず、エネルギーが不足して午前中からぼんやりしたまま過ごすことになりがちです。特に脳のエネルギー源はブドウ糖だけなので、朝食をとらないと深刻なエネルギー不足になります。また、朝食抜きの習慣は生活習慣病のリスクを高めることも明らかになってきました。

私たちのからだには「体内時計」と呼ばれる機能があり、25時間の周期で生体リズムを刻んでいます。一日は24時間なので、このズレを調整する必要がありますが、朝日を浴び、朝食をとると、この体内時計がリセットされ、一日の生活リズムが整います。快適な生活を送るためには、朝・昼・晩の食事の時間を中心に、生活リズムを整えることが大事です。
朝食を食べて、脳とからだをしっかり目覚めさせ、元気に一日をスタートさせましょう。

まずは、簡単な食事から

朝は1分でも長く寝ていたい、食欲がわかないという人も多いのではないでしょうか。夕食が遅かったり夜食を食べ過ぎると食欲がわきません。また、夜型の生活で朝早く起きることができないと朝食をとる時間がとれません。まずは、生活時間を見直すことから始めましょう。

朝は食欲がわかないという人は、起きてすぐに水や牛乳、野菜ジュースを飲んで、胃を目覚めさせるのがおすすめ。現在、朝食に何も食べていないという人も、まずは乳製品、果物、野菜ジュースなど食べやすいものから何か口に入れてみましょう。時間のない人は、前日の食事をとり分けておいたり、冷凍おにぎりやパン、納豆、チーズ、冷凍野菜や缶詰など、簡単にとれるものを用意しておくと良いでしょう。

まずは乳製品、果物、野菜ジュースなどから。次に簡単に準備できるおにぎり、目玉焼き、サラダ、次いでごはん、味噌汁、おひたし、納豆などに挑戦してみましょう。

簡単なものから朝食づくりに挑戦してみましょう

ページトップへ


アクセス・地図