このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

2027年横浜国際園芸博覧会


国際園芸博覧会は、国際園芸家協会(AIPH)の承認により、花や緑を通した健康と福祉、環境の向上、経済強化等を目的に開催されるものであり、中でも世界園芸博覧会(A1クラス)は、国際博覧会事務局(BIE)の承認により、国が開催する国際博覧会(認定博)としても位置付けられるものです。
わが国における世界園芸博覧会としては、平成2年(1990年)の国際花と緑の博覧会(大阪花の万博)があり、令和元年9月のAIPH総会において、2027年に横浜市において国際園芸博覧会を開催することが承認されました。

本ページでは横浜国際園芸博覧会に関する情報を掲載しております。

国際園芸博覧会検討会について

農林水産省及び国土交通省において、横浜市から国際園芸博覧会の開催に関する国としての検討要望があったことを踏まえ、国際園芸博覧会の開催に関する国としての政策的意義や、横浜市で開催する国際園芸博覧会の方向性等について検討を行う「国際園芸博覧会検討会」を設置しました。

第1回国際園芸博覧会検討会

日時:令和元年8月29日(木曜日)14時00分~16時00分
場所:三田共用会議所

<配付資料>

プレスリリースはこちら
 

第2回国際園芸博覧会検討会

日時:令和元年9月30日(月曜日)10時00分~12時00分
場所:三番町共用会議所

<配付資料>

プレスリリースはこちら
 

第3回国際園芸博覧会検討会

日時:令和元年12月18日(水曜日)15時00分~17時00分
場所:国土交通省 11階 特別会議室

<配付資料>

プレスリリースはこちら

国際園芸博覧会検討会報告書(案)へのパブリックコメント募集について (募集は終了しました)

国際園芸博覧会検討会における検討内容を踏まえた報告書の作成にあたり、以下リンク先においてパブリックコメントを募集しました。

結果はこちら(準備中)

国際園芸博覧会検討会報告書の公表について NEWアイコン

国際園芸博覧会検討会での審議及びパブリックコメントにおける意見を踏まえ、国が関与して国際園芸博覧会を開催する意義があるとする報告書がとりまとめられました。

国際園芸博覧会検討会報告書(前半 PDF:980KB/後半 PDF:1,463KB
国際園芸博覧会検討会報告書概要版(PDF:873KB)

お問合せ先

生産局園芸作物課花き産業・施設園芸振興室

担当者:国際園芸博覧会推進リーダー
代表:03-3502-8111(内線4827)
ダイヤルイン:03-6738-6162
FAX番号:03-3502-0889

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader