このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

朝ごはん、食べていますか?

朝、時間が無いからと朝食を抜いて家を出ていませんか?朝食を食べないと、午前中、からだは動いても頭はボンヤリ、ということになりがちです。朝食を食べて、脳とからだをしっかり目覚めさせ、元気に一日をスタートさせましょう。

食育ピクトグラム2 朝ごはんを食べよう

朝ごはんで、毎日ちゃんとスイッチを入れましょう

ごはんなどの主食を食べると脳のエネルギー源になるブドウ糖となって、朝から勉強や仕事に集中できます。※1
幼児や中学生、成人を対象とした研究では、朝食を食べる人は、睡眠の質がよい人が多いことや不眠傾向の人が少ないことが報告されています。※2
また、小学生を対象とした研究では、朝食を毎日食べる人は、そうでない人と比較して、学力が高いことが報告されています。

※1 出典:農林水産省 「子どもの食育」
※2 出典:農林水産省 「「食育」ってどんないいことがあるの?」

朝食の摂取と学力調査の平均正答率との関係[小学校6年生]のグラフ。詳細は以下。
国語:毎日食べている65.6%、全く食べていない45.3%
算数:毎日食べている68.1%、全く食べていない51.6%
出典:文部科学省 「平成31年度(令和元年度)全国学力・学習状況調査」

まずは、簡単な食事から

朝日を浴び、朝食をとると、体内時計がリセットされ、一日の生活リズムが整います。前日の夕食が遅かったり夜食を食べ過ぎると食欲がわきません。また、夜型の生活で朝早く起きることができないと朝食をとる時間がとれません。まずは、生活時間を見直すことから始めましょう。

-簡単なものから朝食作りに挑戦してみましょう-
簡単な朝食ステップ1~3のイラスト。
ステップ1.ヨーグルト、りんご
ステップ2.おにぎり、具たくさん味噌汁
ステップ3.ごはん、納豆、具たくさん味噌汁、ほうれん草のお浸し
食育豆知識:「早寝早起き朝ごはん」運動
平成18年に「早寝早起き朝ごはん」全国協議会が設立され、子どもの基本的生活習慣の確立や生活リズムの向
上につながる運動を積極的に展開しています。

くわしくは

朝食を毎日食べるとどんないいことがあるの? 【農林水産省】
https://www.maff.go.jp/j/syokuiku/evidence/chosyoku.html


お問合せ先

消費・安全局消費者行政・食育課

担当者:食育総括班
代表:03-3502-8111(内線4576)
ダイヤルイン:03-6744-1971
FAX番号:03-6744-1974