このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

3 若い世代に対する食育推進


若い世代は、食に関する知識や意識、実践状況等の面で他の世代より課題が多く、こうした若い世代が食育に関する知識を深め、意識を高め、心身の健康を増進する健全な食生活を実践することができるように食育を推進することが必要です。

また、厚生労働省の平成27(2015)年「国民健康・栄養調査」においては、主食・主菜・副菜を組み合わせた食事を1日に2回以上食べることが「ほとんど毎日」の者の割合は、男女ともに若い世代ほど低い傾向にあることが分かりました。また、外食及び持ち帰りの弁当・総菜を定期的に利用している者の割合は、男女とも20歳代で最も高いことに加えて、外食及び持ち帰りの弁当・総菜を定期的に利用している者は、ほとんど利用していない者より、主食・主菜・副菜を組み合わせた食事の頻度が低い傾向が見られたことから、若い世代の主食・主菜・副菜に関する理解を促進するとともに、外食や中食を利用する機会を通して栄養バランスのとれた食事を入手しやすい環境づくりを進める必要があります。また、引き続き子供の頃からの健康な食習慣、運動習慣の定着に向けて、総合的な施策を推進していく予定です。

農林水産省では、こうした若い世代の食生活における現状と課題を把握し、具体的な支援策を検討するため、内閣府の平成29(2017)年度「青少年意見募集事業」において、公募により任命された500名前後の中学生から29歳までの子供や若者を対象に、「若い世代の食育」をテーマとして意見交換を実施しました(コラム:若い世代の食育推進のために必要な支援等に関する意見交換 参照)。

事例:若い世代に食育を!「しずおかカラダにeat75」

静岡市保健福祉長寿局健康福祉部健康づくり推進課

静岡市では、平成29(2017)年度から食を通じて健康長寿世界一を目指す「しずおかカラダにeat75」事業をスタートしました。平成29(2017)年度は、若い世代が主体的に取り組む食育を推進することを目的に取り組みました。

具体的な取組として、管理栄養士を目指す学生が、「食育・食生活改善のための新規事業」と「食育キャッチフレーズ」について提案し、静岡市食育推進会議において、新規事業やキャッチフレーズを発表しました。学生が考案したキャッチフレーズ「食で始めよう!健康貯金~食を通じて健康長寿世界一~」については、のぼり旗を作成し、今後の啓発時に広く活用していく予定です。

また、学生や市役所を訪れる市民に対して食習慣に対する意識向上を図るため、管理栄養士を目指す学生が、献立を考案し、大学食堂と市役所食堂にて食事を提供しました。

大学生による新規事業の検討の様子

大学生による新規事業の検討の様子

大学生による考案事業発表の様子

大学生による考案事業発表の様子

大学生が考案した献立

大学生が考案した献立

事例:地域・企業・大学が連携して大学生と地域住民に食育を!
(平成29(2017)年度食育活動表彰 農林水産大臣賞受賞)

熊本県立大学

食育・健康ビジョン3つのアクション

食育・健康ビジョン3つのアクション

熊本県立大学では、食育推進のための専任2名(講師、職員)と様々な専門分野を持つ教員、事務職員からなる「食育・健康プロジェクト推進委員会」を設置し、「食育・健康ビジョン」を掲げ、人材育成、研究開発、拠点形成の3つのアクションそれぞれで具体的なプログラムを実行しています。県、市町村、農協、漁協、学食業者、農業系高校、食関連企業等との多彩な連携により、「食育」、「健康増進」、「地域づくり」、「地産地消」等に寄与する取組を実施しています。

具体的には、地域の食材や食文化を学食でPRする「地域連携週間」や、学生が地域に出向き、その土地の郷土料理や食文化を学ぶ「郷土料理伝承ツアー」等の実施により、若者が食文化を学ぶ場を作っています。また、地元ボランティア団体と連携して震災復興支援として行った「郷土料理カフェ@仮設住宅」では、「くまもとふるさと食の名人(*1)」の指導のもと、大学生と住民が共に郷土料理を調理し、会食を行いました。

郷土料理カフェ@仮設住宅

郷土料理カフェ@仮設住宅

大学内では、食育・健康フェスティバルを年1回開催し、講演会や親子体験教室、郷土料理の試食、栄養相談等を実施しています。「食育の日」には、学生が自ら地域の食について学び、考案したオリジナルメニューを学食で提供しており、食への関心が薄い学生に興味を持ってもらうきっかけとなっています。

また、「食育の日」メニューをレシピ集として出版し、レシピが小学校の給食として採用されるなど、学外での食育にもつながっています。さらに、120g以上の野菜料理を無料で提供する「ベジチャージ@学食キャンペーン」は、同窓会、地元農協等の支援を受けて2回にわたって実施され、学生の食環境を改善すると共に、食の意識を高める機会となりました。

食育・健康フェスティバル親子体験教室

食育・健康フェスティバル親子体験教室

「食育の日」現地学習

「食育の日」現地学習

ベジチャージ@学食キャンペーン

ベジチャージ
@学食キャンペーン

*1 熊本県が認定する、各地域で郷土の伝統料理等について卓越した知識、経験、技術等を有し、伝承活動等に取り組んでいる人のこと。

コラム:若い世代の食育推進のために必要な支援等に関する意見交換

農林水産省は、第3次基本計画の重点課題である「若い世代を中心とした食育の推進」に取り組む上での課題やニーズを把握するため、平成29(2017)年度に、内閣府が実施している「青少年意見募集事業」において、「若い世代の食育」をテーマとした意見募集と意見交換(ユース・ラウンド・テーブル)を実施しました。

本事業は、子供や若者の意見を聴き、施策に活用するとともに、子供や若者の社会参加意識を高め、積極的に意見を述べる機会を提供するため、様々なテーマについて中学生から29歳までの若者から意見を聴取するものです。

本テーマにおいては、まず初めにウェブ上でアンケートを行い、若い世代の食生活の実態を聞き、健全な食生活を実践するに当たっての課題等について意見を募りました。(回答者数:192人)

全体での意見交換の様子

全体での意見交換の様子

グループでの意見交換の様子

グループでの意見交換の様子

その後、アンケート回答者の中から希望者に集まってもらい、ユース・ラウンド・テーブルを実施し(参加者数:25人)、「朝食摂取」、「栄養バランスに配慮した食事」、「食文化の継承」のグループに分かれ、それぞれ実践するに当たっての課題や必要だと思う支援について議論し、意見(以下、一部抜粋)を模造紙にまとめました。

「朝食摂取」

  • 通勤・通学中の電車に朝食を食べてよい車両の設置
  • 地域のおばあちゃんが朝食を用意してくれる食堂の開設

「栄養バランスに配慮した食事」

  • 大学生が自分の食事を管理できるようなアプリの普及
  • 一人暮らしでも調理をしやすい環境の整備

「食文化の継承」

  • 若者に人気のある芸能人の大使任命、SNSでの普及啓発
  • おせち料理などの伝統料理を学校の宿題として親子や地域の人々と一緒に学べるような工夫
「栄養バランスに配慮した食事」のグループで出た意見

「栄養バランスに配慮した食事」のグループで出た意見

グループ内には、普段から高い意識を持って実践している参加者や、現状で実践は出来ていないが、必要性は認識しているという参加者がおり、それぞれのグループで活発な意見交換が行われました。また、終了時のアンケートでは、このユース・ラウンド・テーブルを通して「若い世代の食育」に対する関心が高まったという声が多く寄せられました。

ここで得られた意見は、関係府省庁で共有し、今後の施策への反映を検討していきます。また、本事業の結果詳細は、内閣府ホームページに掲載しています。
http://www.youth-cao.go.jp/guidance/report_archive09.html)(外部リンク)



ご意見・ご感想について

農林水産省では、皆さまにとってより一層わかりやすい白書の作成を目指しています。

白書をお読みいただいた皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。

送信フォームはこちら

お問合せ先

消費・安全局
消費者行政・食育課

担当者:食育計画班
代表:03-3502-8111(内線4576)
ダイヤルイン:03-6744-1971
FAX番号:03-6744-1974