このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

改正の科学的根拠となる病害虫リスクアナリシス(PRA)の結果(第6次改正)

※このページに掲載しているPRA報告書は第6次改正当時のものです。最新版はこちらをご確認ください。

第6次改正(令和2年5月11日)における病害虫リスクアナリシス(PRA)の結果

(1) 検疫有害動植物の指定(植物防疫法施行規則別表1関係)

1)今回の改正で新たに追加した検疫有害動植物8種の根拠

1. Pammene fasciana(PDF : 774KB)

2. Diaporthe vaccinii(PDF : 806KB)

3. Indian peanut clump virus(PDF : 1,042KB)

4. Maize chlorotic mottle virus(PDF : 988KB)

5. Pea early-browning virus(PDF : 998KB)

6. Tomato brown rugose fruit virus(PDF : 1,083KB)

7. Tomato leaf curl New Delhi virus(PDF : 812KB)

8. Zucchini green mottle mosaic virus(PDF : 975KB)

2)分類の変更により1種を削除した後に2種を追加する根拠の概要

1. Copitarsia corruda及びCopitarsia decolora [SYN: Copitarsia turbata](PDF : 118KB)

 

(2) 輸出国での栽培地検査の対象の見直し(植物防疫法施行規則の別表1の2関係)

既存の輸出国での栽培地検査対象の検疫有害動植物の対象となる植物及び地域の見直しの根拠

1. Tuta absoluta(トマトキバガ)(PDF : 884KB)

2. Meloidogyne chitwoodi(コロンビアネコブセンチュウ)(PDF : 904KB)

3. Radopholus similis(バナナネモグリセンチュウ)(PDF : 1,134KB)

4. Meloidogyne enterolobii(PDF : 1,058KB)

5. Eutypa lata(PDF : 1,053KB)

6. Guignardia citricarpa(PDF : 1,056KB)

7. Curtobacterium flaccumfaciens pv. flaccumfaciens(インゲンマメ萎ちょう細菌病菌)(PDF : 650KB)

8. Pantoea stewartii subsp. stewartii(トウモロコシ萎ちよう細菌病菌)(PDF : 883KB)

(3) 輸入禁止の対象の見直し(植物防疫法施行規則の別表2関係)

既存の輸入禁止対象の検疫有害動植物の対象となる植物及び地域の見直しの根拠

1. Bactrocera dorsalis species complex(ミカンコミバエ種群)(PDF : 2,483KB)

2. Erwinia amylovora(火傷病菌)(PDF : 1,234KB)

3. Candidatus Liberibacter africanus(カンキツグリーニング病菌アフリカ型)、Candidatus Liberibacter americanus(カンキツグリーニング病菌アメリカ型)及びCandidatus Liberibacter asiaticus(カンキツグリーニング病菌アジア型)(PDF : 756KB)

 

(4) 輸入禁止の除外基準(輸出国での措置)の対象の見直し(植物防疫法施行規則の別表2の2関係)

1) 6種の検疫有害動植物を輸出国での措置の対象として指定した根拠

1. Indian peanut clump virus(PDF : 1,042KB)

2. Maize chlorotic mottle virus(PDF : 988KB)

3. Pea early-browning virus(PDF : 998KB)

4. Tomato brown rugose fruit virus(PDF : 1,083KB)

5. Tomato leaf curl New Delhi virus(PDF : 812KB)

6. Zucchini green mottle mosaic virus(PDF : 975KB)

2) 既存の輸出国での措置の対象の検疫有害動植物の対象となる地域及び植物の見直しの根拠

1. Anastrepha fraterculus(ミナミアメリカミバエ)(PDF : 1,502KB)

2. Anastrepha ludens(メキシコミバエ)(PDF : 1,451KB)

3. Candidatus Liberibacter solanacearum並びにその媒介虫(Bactericera cockerelli、Bactericera nigricornis、Bactericera trigonica及びTrioza apicalis)(PDF : 1,289KB)

4. Pseudomonas syringae pv. actinidiae biovar3(PDF : 1,026KB)

5. Xylella fastidiosa(PDF : 1,427KB)

6. Tomato chlorotic dwarf viroid(トマト退緑萎縮ウイロイド)(PDF : 1,214KB)

7. Pepper chat fruit viroid(PDF : 1,500KB)

8. Tomato planta macho viroid (PDF : 648KB)

(5)非検疫有害動植物の追加(平成23年農林水産省告示第542号の第1号の表の2の項及び第2号の表の2の項関係)

1. 新たに追加する非検疫有害動植物65種のPRA結果の概要(PDF : 1,004KB)

2. Grapevine fleck virus(PDF : 723KB)

3. Grapevine rupestris stempitting - associated virus(PDF : 535KB)

お問合せ先

消費・安全局植物防疫課

担当者:企画班
代表:03-3502-8111(内線4567)
ダイヤルイン:03-6744-2035
FAX番号:03-3502-3386