このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

キャンプ場での調理やバーベキューを安全に楽しむために

更新日:令和2年9月17日


これからの季節、キャンプやバーベキューなどアウトドアでのレジャーを楽しむ方も増えてくるのではないでしょうか。
屋外ではいつもの家の中とは違った環境なので、食中毒の発生にも注意が必要です。屋外で注意したいポイントをご紹介します。
※安心して、キャンプやBBQを楽しむため、基本的な新型コロナ感染防止を心がけましょう。



キャンプ場での調理やバーベキューを安全に楽しむために(前編)



キャンプ場での調理やバーベキューを安全に楽しむために(後編)



  1. 使用する水
    • 飲料水や調理に使う水は、水道水や飲用が認められている水を利用しましょう。
    • きれいに見えても川や沢の水は使わないようにしましょう。
  2. 食品の保存等
    • 食材を運ぶときは、クーラーボックスを利用しましょう。
    • また、肉や魚はそれぞれ別のビニール袋に入れ、他の食品に触れないようにしましょう。
  3. 調理
    • 調理や食事の前は、しっかりと手洗いをしましょう。
    • 肉を焼くときは、中心まで火が通るよう十分に加熱しましょう。
    • 調理前の生肉や魚介類に用いる箸やトング等の調理器具は、他の食材に使わないようにしましょう。
  4. ゴミの処理
    • 食べ残しやゴミは持ち帰るか、指定の場所に捨てましょう。

PDF版はこちらキャンプ場での調理やバーベキューを安全に楽しむために(PDF : 455KB)

お問合せ先

消費・安全局食品安全政策課

担当者:情報発信企画・評価班
代表:03-3502-8111(内線4474)
ダイヤルイン:03-6744-2135
FAX番号:03-3597-0329

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader