ホーム > 組織・政策 > 食料産業 > JAS規格 > JAS規格について > 有機食品の検査認証制度 > 有機農産物の生産行程管理記録作成のためのソフトウェア


ここから本文です。

 

 

更新日:平成28年5月16日

担当:食品製造課  有機・行程規格班

有機農産物の生産行程管理記録作成のためのソフトウェア

  有機JASの認定に必要な記録の作成を簡易的に行うための便利なソフトウェアを作成しましたので、ご活用ください。 

★  平成28年5月、農産物版の新バージョン及び加工食品版を掲載しました ★

 

ご注意願います!  平成28年6月2日農産物版の不具合(「作物管理」からは作業内容の項目編集ができない)を修正しましたので、それまでに農産物版(Ver2.0)をダウンロードした方は、お手数ですが、修正版(Ver2.0.1)のダウンロードをお願いします。

 

【概要】

   有機JASの認定を取得するために、また、認定事業者として有機農産物や有機加工食品にJASマークを付けるために、農産物を栽培するほ場の管理記録や有機加工食品の製造に関する記録等が必要となります。 

   一方、生産者の方々から、記録作成に関する事務的な負担が大きいとの意見を伺っていました。 

   このため、農林水産省は、有機JAS認定に必要な記録類を簡易に作成できるよう、ソフトウェアを作成しましたので、ご活用下さい。 

 

 【作成できる記録類】

 ・有機農産物に関する記録類    様式(PDF:1,636KB)norm_image

   生産行程に関する管理の記録、格付に関する管理の記録、

JASマークに関する管理の記録、ほ場の一覧、

種苗の一覧、資材(肥料、土壌改良資材、農薬など)の一覧、

機械・器具の一覧、施設の一覧

 ・有機加工食品に関する記録類   様式(PDF:2,262KB)

  (分割版1(PDF:1,313KB)2(PDF:952KB)

   生産行程に関する管理の記録、原材料受入に関する記録、

洗浄に関する管理記録、格付に関する管理の記録、

JASマークに関する管理の記録、原材料配合の一覧、

原材料の一覧、製品の一覧、資材(薬剤、洗浄剤等)の一覧、

機械・器具の一覧、施設の一覧

 

【ソフトウェア】

 

<農産物版>

・平成28年4月、新バージョンを掲載しました。

・新バージョンは、Excel以外の表計算ソフトに対応しており、格付数量の集計、グループ認定のデータ連係等の機能が備わりました。

・旧バージョンを使用されていた方は、こちらをご参照ください → アップデートの注意点(PDF:191KB)

・マニュアル

 

<加工食品版>

・平成28年4月、加工食品版を追加しました。

  (ジュース、漬け物など簡易な加工を行う加工食品に対応しています)

・マニュアル

 

              ダウンロードはこちらをクリック(外部リンク)

お問い合わせ先

食料産業局食品製造課食品規格室
担当者:有機・行程規格班
代表:03-3502-8111(内線4481)
ダイヤルイン:03-6744-7139

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

農林水産省案内

リンク集


アクセス・地図