ホーム > 組織・政策 > 消費・安全 > 食品中のクロロプロパノール類に関する情報


ここから本文です。

平成18年6月19日作成
平成25年4月1日最終更新

食品中のクロロプロパノール類に関する情報

はじめに

クロロプロパノール類は、意図しないにも関わらず食品の製造工程で副産物として生成してしまう化学物質のひとつです。

クロロプロパノール類を長期間にわたって毎日大量に摂り続けた場合には、健康に悪影響が発生してしまう可能性があるため、食品に高濃度に含まれるのは好ましくありません。そのため、食品に含まれるクロロプロパノール類を低減する取組が国内外で進められています。

「クロロプロパノール類ってなあに?」
「どんな食品に含まれているの?」
「健康への影響は心配ないの?」
「どんな対策がとられているの?」

このホームページは、そんな疑問にお答えするため、食品に含まれるクロロプロパノール類について解説したものです。

クロロプロパノール類とは

食品に含まれているクロロプロパノール類

クロロプロパノール類の健康影響

クロロプロパノール類を巡る国際的な動向

クロロプロパノール類に関する日本の取組

お問い合わせ先

消費・安全局消費・安全政策課
担当者:製造流通安全企画班
代表:03-3502-8111(内線4459)

ページトップへ

農林水産省案内

リンク集


アクセス・地図