ホーム > 組織・政策 > 消費・安全 > 食中毒から身を守るには > 食中毒をおこす細菌・ウイルス・寄生虫図鑑 > ノロウイルス(ウイルス) [Norovirus]


ここから本文です。

ここから本文です。

更新日:平成25年12月2日

ノロウイルス(ウイルス) [Norovirus]

症状は?

  • 食後1~2日で、おう吐、激しい下痢、腹痛などをおこします。
  • 幼児や抵抗力が落ちている人では、症状が重くなることがあります。

 

原因は?

  • ウイルスを含む二枚貝(カキ等)を生や十分加熱せずに食べた場合
  • 感染している人の手を通じウイルスが付いてしまった食品や、ウイルスの付いた包丁などで調理した食品を食べた場合
  • ノロウイルスによる食中毒にかかった人の便や吐いたものを通じて感染する場合(これらをきちんと処理しないと、乾燥したときにウイルスが舞い上がり、口に入って感染することもあります。)

東京都健康安全研究センター提供
ウイルスは直径約30nm

予防のポイントは?

 

参考リンク先


食中毒をおこす細菌・ウイルス・寄生虫図鑑へ

お問い合わせ先

消費・安全局消費者行政・食育課
担当者:リスクコミュニケーション推進班
代表:03-3502-8111(内線4600)
ダイヤルイン:03-3502-8504
FAX: 03-6744-1974

ページトップへ

農林水産省案内

リンク集


アクセス・地図