このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

調査、試験研究の成果の発表

  • 印刷

作成日:平成27年3月19日

農林水産省は、科学的根拠に基づいて、食品の安全性を向上させるための政策や措置を決めるために、サーベイランス・モニタリングやそれに関連する試験研究を行っています。また、調査の結果安全とは言い切れず、安全性の向上が期待できる対策がない場合に、低減技術の開発や、低減対策の有効性を簡便に知ることができる分析法などの関連する試験研究を行っています。

調査や低減技術の開発、それらに関連する試験研究で得たデータを解析した結果や考察は、より広い範囲の研究者や科学者に知っていただき、関連分野における行政に役立つ調査研究(レギュラトリーリサーチ)を推進するために、査読のある国際的な論文誌で発表し、関係する学会等で発表・講演しています。

科学論文

一次産品に含まれる化学物質

  • ヒ素   

 Speciation and Determination of Inorganic Arsenic in Rice using Liquid Chromatography -Inductively Coupled Plasma/Mass Spectrometry: Collaborative Study.
 Journal of AOAC INTERNATIONAL, Vol. 97, No. 3(2014): 946 - 955 [外部リンク]

流通、調理、加工などで生成する化学物質

  • アクリルアミド   

 A method for the determination of acrylamide in a broad variety of processed foods by GC–MS using xanthydrol derivatization.
 Food Additives & Contaminants: Part A: Chemistry, Analysis, Control, Exposure & Risk Assessment, 2012;29(5):705 - 715 [外部リンク

  • 3-MCPD脂肪酸エステル 

 A new, direct analytical method using LC-MS/MS for fatty acid esters of 3-chloro-1,2-propanediol (3-MCPD esters) in edible oils.
 Food Additives & Contaminants: Part A: Chemistry, Analysis, Control, Exposure & Risk Assessment, 2013;30(1):52 - 68 [外部リンク

学会発表・講演

一次産品に含まれる化学物質

(重金属等)

  • カドミウム
  • ヒ素

(第107回日本食品衛生学会学術講演会, 2014.5) 

(かび毒)

  • アフラトキシン・ステリグマトシスチン
  • アフラトキシン
  • DON・NIV 

農林水産省におけるかび毒のリスク管理(PDF:344KB)

(第69回日本マイコトキシン学会, 2011.1)

  • DON・NIV・ゼアラレノン・オクラトキシンA・パツリン

 (その他)

  • PBDE、PFOA、PFOS

PBDE類及びPFC類のトータルダイエットスタディ(PDF:446KB)

(第108回日本食品衛生学会学術講演会, 2014.12)

  • 硝酸性窒素

ベビーフード中の硝酸性窒素濃度の調査及び経口暴露の推定(PDF:621KB)

(第106回日本食品衛生学会学術講演会, 2013.11)

  • ピロリジジンアルカロイド 

流通、調理、加工などで生成する化学物質

  • アクリルアミド

調理実習による各種調理品中のアクリルアミド含有量(PDF:108KB)

(日本食品科学工学会第55回大会, 2008.9)

 給食調理実習献立中のアクリルアミド含有量(PDF:98KB)

(日本食品科学工学会第54回大会, 2007.9)

  • フラン・PAH

食品中のフラン及びPAH類の実態調査(PDF:149KB)

(第92回日本食品衛生学会学術講演会, 2006.10)

  • フラン

食品に含まれるフランの分析(PDF:110KB)

(日本食品科学工学会第54回大会, 2007.9)

  • PAH
  • ヒスタミン・チラミン
  • 3-MCPD脂肪酸エステル・グリシドール脂肪酸エステル
  • 3-MCPD脂肪酸エステル

(第98回日本食品衛生学会学術講演会, 2009.10)

  • トランス脂肪酸

残留農薬 

(第22回農薬レギュラトリーサイエンス研究会,2014.12)

 

注1) 学会発表・講演の要旨・ポスター等の資料は各学会等の許可を得て掲載しています。

注2) 学会発表・講演は、一連の調査の途中段階での結果を解析した内容も発表していることから、学会発表・講演のpdfファイルの一部又は全部を転用することは禁止とします。調査終了後のデータを解析した結果を掲載したデータ集危害要因ごとのプレスリリース又は科学論文のデータを、出典について明記した上で使用いただけますようお願いします。

 

関連情報

農林水産省が優先的にリスク管理を行うべき有害化学物質のリストについて

食品の安全性に関する有害化学物質のサーベイランス・モニタリング中期計画

食品の安全性に関する有害化学物質のサーベイランス・モニタリング年次計画

食品の安全性に関するサーベイランス・モニタリングの結果(有害化学物質)

レギュラトリーサイエンスに係る試験研究

お問い合わせ先

消費・安全局消費・安全政策課
代表:03-3502-8111(内線4459)
ダイヤルイン:03-3502-7674
FAX:03-3597-0329

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader