このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

食品表示に関する取組

農林水産省では、食品表示法及び日本農林規格等に関する法律(JAS法)に基づく「食品表示」と「JAS規格」に関する監視・指導などを行っています。また、食品表示法に基づく原料原産地表示制度の普及啓発や、事業者の方が表示ミスをするのを防ぐポイントなどついて啓発しています。
なお、食品表示制度の企画・立案は現在、消費者庁で行い (消費者庁ホームページ:食品表示〔外部リンク〕)、JAS規格の企画・立案は農林水産省食料産業局で行っています(食料産業局ホームページ:JAS規格)。

 

新しい原料原産地表示制度に関する事業者向けマニュアルはこちらをご覧下さい。    
 (1) 「新しい原料原産地表示制度-事業者向け活用マニュアル-」(令和2年7月修正)
 (2) マニュアル別冊「実践 チェックリストと表示例」(令和3年2月修正)
 (3) 原料原産地表示制度 関係規程集(令和2年7月一部更新)

監視業務

お問合せ先

消費・安全局消費者行政・食育課

ダイヤルイン:03-3502-5724
FAX:03-3502-0594

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader