このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

バイオテクノロジー応用飼料

更新日:2022年1月24日

 
農林水産省は、飼料の安全を確保し安定供給を維持するため、組換えDNA技術により得られた飼料及び飼料添加物について、飼料安全法に基づき安全確認を行っています。この安全確認を受けたものでなければ、飼料又は飼料添加物として流通することはできません。
 
このページでは、安全性確認に関する農林水産省の取り組みをご紹介します。

バイオテクノロジーにより得られた飼料等

遺伝子組換え飼料等

農林水産省は、平成15年4月から組換えDNA技術によって得られた飼料及び飼料添加物(遺伝子組換え飼料等)の安全性に関する確認を飼料安全法上の義務としています。

ゲノム編集飼料等

農林水産省は、ゲノム編集技術によって得られた飼料及び飼料添加物(ゲノム編集飼料等)の飼料安全上の取扱いを定めています。

安全確認に関する情報

関係情報へのリンク

お問合せ先

消費・安全局畜水産安全管理課

担当者:飼料安全基準班
代表:03-3502-8111(内線4546)
ダイヤルイン:03-6744-1708

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader