このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

苦情相談窓口

  • 印刷
平成27年5月29日更新

担当:食料産業局

商品先物取引に関するトラブルなどでお困りの方のための相談窓口について紹介しています。

  1. 勧誘や取引内容について苦情があり相談したい。
    日本商品先物取引協会 苦情受付
  2. 日本商品先物協会への苦情・相談や事業者との話し合いを行ったがなかなか解決できない。
    日本商品先物取引協会 紛争受付
  3. 法律に違反している事業者を知っている。事業者が国の許可を受けているか確認したい。
    商品先物トラブル110番
  4. 無許可業者が営業している。無許可業者に被害にあった。
    無許可業者専用相談窓口
  5. 1~4以外で何か知りたいこと、聞きたいこと、伝えたいことがある方
    日本商品先物取引協会 お問い合わせ・ご相談 または 商品先物トラブル110番

日本商品先物取引協会 相談センター

「日本商品先物取引協会 」(以下、「日商協」)は、商品先物取引法に基づき、委託者保護を図ることを目的とした自主規制機関で、商品先物取引の苦情相談窓口として、農林水産大臣・経済産業大臣の認可を受けた日本で唯一の法人です。
日商協の相談センターは、公正・中立な立場で商品先物取引に関する問い合わせや相談、苦情受付、紛争を解決するための仲介手続を行っています。

日商協相談センターパンフレット
(画像をクリックするとPDFが開きます。PDF:202KB)

相談する上での注意事項 

  • 相談センターでは、貴金属、石油、農産物等の商品先物取引に関する質問や苦情などの相談、紛争の仲介を行っています。商品先物取引以外の株式、投資信託、FXなどの金融商品のご相談などは対象外となります。
  • 電話、Fax、ホームページ、郵送、訪問で相談が可能です。相談センターにご訪問される場合は、事前に連絡してください。日商協 相談センターの連絡先・郵送先等はこちら
  • すでに和解が成立したものや取引が終了した日から3年を経過したもの等、内容によっては苦情相談や紛争仲介の対象とならないものもありますので、あらかじめご了承ください。 

お問い合わせ・ご相談

日商協の相談員(以下、「相談員」)が商品先物取引に関する質問や相談に答えます。相談する前に相談する上での注意事項を一読ください。

 (1) 相談する

内容について相談員に詳しく伝えてください。

(2)アドバイスを受ける

相談員が説明やアドバイスなどをします。

苦情受付

商品先物取引に関する苦情相談です。相談する前に相談する上での注意事項を一読ください。

(1) 苦情の内容を伝える

苦情の内容を相談員に伝え、解決を申し出てください。

  • 苦情の内容を伝える際には、業者から交付または送付された書面をもとに、勧誘時の状況や取引経過などについて、具体的にお伝えください。

(2)相談員が業者に対して調査を依頼する

相談員は苦情の内容を業者に通知して調査を依頼します。

(3)調査結果の報告を受ける

相談員や業者から相談者に調査結果を報告します。

  • 相談員は、相談者及び業者の双方から事情聴取を行い、苦情の解決の促進を図ります。

 ※苦情受付で解決できなかった場合、紛争仲介を申し出ることができます。
また、苦情受付を経由せずに、直接紛争仲介を申し出ることもできます。

紛争仲介

苦情処理手続きやそれ以外の話し合いを行っても解決しない場合等の解決手段のひとつとして、紛争仲介の申出を行うことができます。相談する前に相談する上での注意事項を一読ください。

(1) 紛争仲介の申出をする・申出手数料を支払う

紛争仲介申出書の様式を請求すると相談員が紛争仲介制度について説明します。紛争仲介申出書を提出すると受理通知書が送付されますので、届いてから10日以内に申出手数料10,000円(消費税込)をお支払いください。

(2)紛争仲介(あっせん・調停)に参加する

弁護士などのあっせん・調停委員が、相談者と業者の双方から事情聴取を行います。

(3)紛争仲介の処理結果の通知を受ける

通常1~2回の話し合いにより、「解決(和解)」、「打切り」の対応がなされます。

  • 第2回目以降の話し合いには、1回ごとに期日手数料15,000円(消費税込)が必要となります。
  • あっせん調停委員が解決の見込みがないと判断した場合は打切りとなる場合がありますので、あらかじめご了承ください。相談員は、相談者及び業者の双方から事情聴取を行い、苦情の解決の促進を図ります。

【日本商品先物取引協会 相談センター】

電話番号:03-3664-6243(受付は祝日等を除く月曜日~金曜日、9時00分~17時00分)

Fax番号:03-3667-8256

ホームページ:https://www.nisshokyo.or.jp/ [外部リンク]

所在地:〒103-0012 東京都中央区日本橋堀留町一丁目10番7号 東京商品取引所ビル6階

農林水産省相談窓口

商品先物トラブル110番

農林水産省では主に農畜産物関係の商品先物取引の、取引に関する相談や違反行為等の情報提供の窓口として「商品先物トラブル110番」を設置しております。

商品先物取引業を行うためには国の許可が必要です。許可業者についてはこちらからご確認いただけます。

電話:03-3502-8270 受付時間:9時30分~17時00分

 

※主に金や銀などの貴金属、石油等に係る商品先物取引につきましては、経済産業省相談窓口(外部リンク)にお願いします。

 

無許可業者専用相談窓口

国の商品先物取引業の許可を受けていない業者(無許可業者)が営業している・無許可業者に被害にあった等、無許可業者に関する専用相談窓口です。国の許可を受けた許可業者についてはこちらからご確認いただけます。

電話:03-3501-6730 受付時間 9時30分~17時00分 

 

※主に金や銀などの貴金属、石油等に係る商品先物取引につきましては、経済産業省相談窓口(外部リンク)にお願いします。

お問い合わせ先

食料産業局食品流通課商品取引室

代表:03-3502-8111(内線4170、4175)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader