このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

あふの環2030プロジェクト~食と農林水産業のサステナビリティを考える~

sc2030top.jpg

あふの環とはあふの環の活動ロゴマーク公式SNS    English



新着情報

「サステナウィーク2022」開幕します!各種イベントはこちら(令和4年9月17日~27日)NEWアイコン

「サステナアワード2021伝えたい 日本の“サステナブル”」受賞作品を発表!

日経SDGsフォーラム消費者共創シンポジウムを開催しました(令和4年3月9日)

「食」のサステナビリティに関するオンライントークイベント「サステナビリティは企業変革のチャンス」を開催しました(外部リンク)

あふの環プロジェクトとは

 「あふの環(わ)2030プロジェクト~食と農林水産業のサステナビリティを考える~」(以下「あふの環プロジェクト」という。)は、2030年のSDGs達成を目指し、今だけでなく次の世代も豊かに暮らせる未来を創るべく立ち上げられたプロジェクトです。

食品や農林水産物の持続的な生産消費は、一企業の取組だけで解決することは困難です。
このため、お互いの持つ技や強みを組み合わせながら、社会全体の取組として進めていく必要があります。

「あふの環プロジェクト」では 「スペンドシフト~サステナブルを日常に、エシカルを当たり前に!~」を合言葉に、 生産から消費までのステークホルダーの連携を促進し、
食料や農林水産業に関わる持続的な生産消費を達成することを目指します。

サステナビリティとは聞くが、何をすればいいのかわからない、という企業の皆様も、ぜひ横のつながりを作って、一緒に解決策を探りませんか。

*あふとは、Agriculture, Forestry and Fisheries and Food の頭文字をとったもの。食と農林水産業。
古語では、会ふ(出会う)、和ふ(混ぜ合わせる)、餐ふ(食事のもてなしをする)と、いった意味があります。
プロジェクト説明あふの環プロジェクトについて(PDF : 1,106KB)
scaffflyer.png
あふの環フライヤー(PDF : 572KB)
メンバー一覧はこちら    新規入会登録こちら.png

あふの環プロジェクトの活動

サステナアワード2022 伝えたい 日本の”サステナブル”

SDGsゴール12「つくる責任つかう責任」を踏まえ、全国各地の食や農林水産業に関わる持続可能なサービス・商品を扱う地域・生産者・事業者の取組を広く国内外に発信していくことを目的として、取組をわかりやすく紹介する動画を募集予定です(農林水産省、消費者庁、環境省連携)。 
サステナアワード2022ページはこちら
(サステナウィーク後に募集開始予定。このサイトに応募用サイトへのリンクが掲載されます)

(これまでの開催状況)
サステナアワード2021ページはこちら
サステナアワード2020ページはこちら



サステナウィーク ~未来につながるおかいもの~

サステナウィークでは、一人でも多くの人に「食と農林水産業のサステナビリティ」について知ってもらうため、あふの環プロジェクトメンバーの皆さんと一緒に、一斉に情報発信を行います。

サステナウィーク2022ページはこちら

サステナウィーク2022(これまでの開催状況)
サステナウィーク2021ページはこちら
サステナウィーク2020ページはこちら





あふの環勉強会

ESG(環境,社会,ガバナンス)投資、諸外国のサステナビリティの動向など持続可能な生産消費に関する旬な話題を取り上げ、我が国の食と農林水産業のサステナビリティ向上の取組について、あふの環プロジェクトメンバー間で意見交換を行う、あふの環勉強会を実施しています。
過去の勉強会の様子はこちら

第8回勉強会の申し込みは締め切りました。
 

あふの環プロジェクト公式Twitterアカウント


Twitter_Social_Icon.png@SCAFFF_2030
あふの環プロジェクトのイベント情報やあふの環メンバーの活動を発信中♪
フォローお待ちしています!
https://twitter.com/SCAFFF_2030




 sus2030_top.png

お問合せ先

大臣官房みどりの食料システム戦略グループ地球環境対策室

あふの環プロジェクト事務局
代表:03-3502-8111(内線3296)
ダイヤルイン:03-6744-2016

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader