このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

あふの環2030プロジェクト~食と農林水産業のサステナビリティを考える~


イメージ画像

あふの環とはあふの環の活動ロゴマーク公式SNS   English
SUSTAINA-weekB.jpg
メンバー一覧はこちら    新規入会登録こちら.png

あふの環プロジェクトとは

 「あふの環(わ)2030プロジェクト~食と農林水産業のサステナビリティを考える~」(以下「あふの環プロジェクト」という。)は、2030年のSDGs達成を目指し、今だけでなく次の世代も豊かに暮らせる未来を創るべく立ち上げられたプロジェクトです。

食品や農林水産物の持続的な生産消費は、一企業の取組だけで解決することは困難です。
このため、お互いの持つ技や強みを組み合わせながら、社会全体の取組として進めていく必要があります。

「あふの環プロジェクト」では 「スペンドシフト~サステナブルを日常に、エシカルを当たり前に!~」を合言葉に、 生産から消費までのステークホルダーの連携を促進し、
食料や農林水産業に係る持続的な生産消費を達成することを目指します。

サステナビリティとは聞くが、何をすればいいのかわからない、という企業の皆様も、ぜひ横のつながりを作って、一緒に解決策を探りませんか。
*あふとは、Agriculture, Forestry and Fisheries の頭文字をとったもの。農林水産業。
古語では、会ふ(出会う)、和ふ(混ぜ合わせる)、餐ふ(食事のもてなしをする)と、いった意味があります。
scafffleaflet_image2.png
(PDF:1,564KB)

あふの環プロジェクトの活動

あふの環カフェ・勉強会

第2回あふの環勉強会(会場参加又はWeb参加)

日時:令和2年86日(木曜日)14時00分から16時30分(予定)

場所:農林水産省本館6階農林水産技術会議委員室(ドア No.678)又はウェブ参加

講演(ア):EUサプライチェーンでのサステナビリティ向上の取り組み(PDF:1,518KB)
講師:PwCコンサルティング合同会社消費財・小売流通インダストリーマネージングディレクター矢矧(やはぎ)晴彦 氏

講演(イ):EUの「Farm to Fork(農場から食卓まで)」戦略について(PDF:4,349KB)
(分割版1(PDF:1,700KB), 分割版2(PDF:1,799KB), 分割版3(PDF:1,330KB))

講師:日本貿易振興機構ブリュッセル事務所大内田(おおうちだ)一弘 氏

対象:あふの環2030メンバー及び登録申請を検討されている方

申込先:申込は締め切りました。


第1回あふの環勉強会(会場参加又はWeb参加)(受付終了)

今回は機関投資家や事業会社に対してコンサルティングをされている株式会社ニューラルCEOの夫馬氏より、「ESG投資の動向」や「気候変動リスクへの考え方」、「サプライチェーン可視化の重要性」等についてお話しいただきました。限られた時間ではありましたが、活発なご議論ありがとうございました。
日時:令和2年622日(月曜日)14時00分から15時30分

講師:株式会社ニューラルCEO 夫馬賢治氏

講演資料:「農林水産業・食品産業のサステナビリティ向上への期待~気候変動を含むESG投資の動向と情報開示~」(PDF:5,010KB)
(分割版1(PDF:1,823KB), 分割版2(PDF:1,838KB), 分割版3(PDF:1,693KB), 分割版4(PDF:978KB))
(株式会社ニューラルCEO夫馬賢治氏)

話題提供:「あふの環2030プロジェクトについて」(PDF:1,564KB)
(あふの環プロジェクト事務局農林水産省環境政策室)


scafff_study1_image1.jpg

scafff_study1_image2.jpg

サステナウィーク ~未来につながるおかいもの

国連総会の時期に合わせて、今年のサステナウィークは917日(木曜日)から27日(日曜日)に実施します。
サステナウィークのHPはこちら

あふの環プロジェクト公式アカウント


Twitter_Social_Icon.png@SCAFFF_2030
フォローお待ちしています!

https://twitter.com/SCAFFF_2030




 sus2030_top.png

お問合せ先

大臣官房政策課環境政策室

あふの環プロジェクト事務局
代表:03-3502-8111(内線3297)
ダイヤルイン:03-6744-2017
FAX番号:03-3591-6640

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader