このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

農林水産省メールマガジン令和4年8月8日第1005号

◇目次

  1. 先週の大臣会見
  2. 農林水産省の動き
  3. 農林水産省広報誌「aff(あふ)」
  4. 東日本大震災関連情報
  5. その他新着情報
  6. 「消費者の部屋」展示の御案内

1.先週の大臣会見

◇8月5日(金曜日)
2023年ドーハ国際園芸博覧会への公式参加、2022年上半期の農林水産物・食品の輸出実績、長崎県への出張、飼料の高騰等による畜産業(特に酪農業)への影響等、大雨による農林水産業への被害状況等について、質疑・応答がなされました。

・詳しくは、こちらをご覧ください。
動画⇒ https://www.maff.go.jp/j/douga/220805.html
文字情報⇒ https://www.maff.go.jp/j/press-conf/220805.html

◇8月2日(火曜日)
「こども霞が関見学デー」、サンマ等の資源量等、農林業センサスの見直し、花粉発生源対策について、質疑・応答がなされました。

・詳しくは、こちらをご覧ください。
動画⇒ https://www.maff.go.jp/j/douga/220802.html
文字情報⇒ https://www.maff.go.jp/j/press-conf/220802.html

2.農林水産省の動き

(1)トピックス

◇新型コロナウイルスについて

新型コロナウイルス感染症に関する対策やお願いについて、農林水産省ウェブサイトへまとめています。

・詳しくはこちらをご覧ください。
⇒ https://www.maff.go.jp/j/saigai/n_coronavirus/index.html

(2)審議会等の予定

◇今週の会議等については、こちらからご確認ください。
⇒ https://www.maff.go.jp/j/pr/event/kaigi.release.html

3.農林水産省広報誌「aff(あふ)」

◇8月10日公開!国産トマトの魅力を広げるトマト加工品

トマトジュースやピューレー、ケチャップなど、トマトを原材料とした加工品にはさまざまなものがあります。
今週のaffでは、町おこしに一役買ったトマトカレーや特徴のあるトマトジュース、さらにはトマトを利用したお酒まで、国産トマトの美味しさを活かした加工品の数々をご紹介します。
ぜひお楽しみに!

・誌面はこちらからご覧になれます。
⇒ https://www.maff.go.jp/j/pr/aff/index.html

また、より良い誌面づくりのため、「aff(あふ)」の感想をお聞かせください(各ページ下の「感想をお聞かせください」よりアンケートフォームにお入りいただけます)。

4.東日本大震災関連情報

◆東日本大震災に関する情報
⇒ https://www.maff.go.jp/j/kanbo/joho/saigai/index.html

◇農畜水産物等に含まれる放射性物質の検査結果
・農産物に含まれる放射性セシウム濃度の検査結果
⇒ https://www.maff.go.jp/j/kanbo/joho/saigai/s_chosa/index.html

・水産物の放射性物質調査の結果
⇒ https://www.jfa.maff.go.jp/j/housyanou/kekka.html

5.その他新着情報

(1)プレスリリースPickUp

◇米に関するマンスリーレポート(令和4年8月号)の公表について

米に関する価格動向や需給動向に関するデータを集約・整理した「米に関するマンスリーレポート(令和4年8月号)」について取りまとめました。

⇒ https://www.maff.go.jp/j/press/nousan/kikaku/220805.html

◇令和3年度食料自給率・食料自給力指標について

令和3年度食料自給率及び食料自給力指標について、以下のとおり公表しました。

⇒ https://www.maff.go.jp/j/press/kanbo/anpo/220805.html

◇農村RMO推進研究会(第1回)の開催

9月5日(月曜日)に、農村型地域運営組織(農村RMO)の形成推進体制の具体化を進めることを目的として、「農村RMO推進研究会」をオンラインで開催します。

⇒ https://www.maff.go.jp/j/press/nousin/tiiki/220805.html

◇「2022年1-6月(上半期)の農林水産物・食品の輸出実績」について

「2022年1-6月(上半期)の農林水産物・食品の輸出実績」を取りまとめました。2022年上半期の農林水産物・食品の輸出額は、6,525億円となり、2021年同期比では13.1%の増加、額では754億円の増加となりました。

⇒ https://www.maff.go.jp/j/press/yusyutu_kokusai/kikaku/220805.html

◇「2023年ドーハ国際園芸博覧会」に公式参加します!

カタール国から参加招請のあった「2023年ドーハ国際園芸博覧会」に対し、8月5日(金曜日)、我が国が公式参加することについて、閣議了解されました。国土交通省と連携し、本博覧会への出展を通じて、我が国の花きの輸出拡大やいけばな等の文化の海外展開を進めてまいります。

⇒ https://www.maff.go.jp/j/press/nousan/kaki/220805_5.html

◇英国からの家きん肉等の一時輸入停止措置について

7月30日(土曜日)に英国のベッドフォードシャー州からの家きん肉等の一時輸入停止措置を講じました。

⇒ https://www.maff.go.jp/j/press/syouan/douei/220804_4.html

◇スペインからの家きん肉等の一時輸入停止措置の解除について

スペインにおける鳥インフルエンザの清浄性を確認したことから、8月4日(木曜日)、スペインからの家きん肉等の一時輸入停止措置を解除しました。

⇒ https://www.maff.go.jp/j/press/syouan/douei/220804.html

◇フランスからの生きた家きん、家きん肉等の一時輸入停止措置について

8月1日(月曜日)にフランスのソンム県からの生きた家きん、家きん肉等の一時輸入停止措置を講じました。

⇒ https://www.maff.go.jp/j/press/syouan/douei/220803.html

◇ノウフク・アワード2022の募集を明日から開始!

農福連携に取り組んでいる優れた事例をノウフク・アワードとして表彰し、他地域への普及を推進しています。新たに優良事例を選定する「ノウフク・アワード2022」を10月3日(月曜日)まで募集します。

⇒ https://www.maff.go.jp/j/press/nousin/kouryu/220802.html

◇外国法人等による農地取得に関する調査の結果について

令和3年の1年間において、外国法人等による農地取得の事例について市町村の農業委員会を通じて調査を行い、結果を取りまとめました。

⇒ https://www.maff.go.jp/j/press/keiei/seisaku/220802.html

◇外国資本による森林取得に関する調査の結果について

令和3年における外国資本による森林取得の事例について、都道府県を通じて調査を行い、結果を取りまとめました。

⇒ https://www.rinya.maff.go.jp/j/press/keikaku/220802.html

◇フランスからの生きた家きん、家きん肉等の一時輸入停止措置について

7月30日(土曜日)にフランスのマンシュ県からの生きた家きん、家きん肉等の一時輸入停止措置を講じました。

⇒ https://www.maff.go.jp/j/press/syouan/douei/220801.html

◇令和4年度農福連携等応援コンソーシアム総会の開催について

農福連携等応援コンソーシアム(事務局:農林水産省)は、8月2日(火曜日)に令和4年度農福連携等応援コンソーシアム総会を開催しました。

⇒ https://www.maff.go.jp/j/press/nousin/kouryu/220801.html

◇米国からの家きん肉等の一時輸入停止措置について

7月29日(金曜日)にアメリカ合衆国モンタナ州からの家きん肉等の一時輸入停止措置を講じました。

⇒ https://www.maff.go.jp/j/press/syouan/douei/220801_1.html

◇「野菜の日(8月31日)」Webシンポジウムを開催します

令和4年8月31日(水曜日)に、若い世代の野菜摂取量を増やすために、「野菜の日(8月31日)」Webシンポジウムを開催します。

⇒ https://www.maff.go.jp/j/press/nousan/ryutu/220801.html

(2)パブリックコメント

農林水産省では、新たに行う規制の設定・改廃や政策について、広く皆様から意見・情報を募集しています。

パブリックコメント
⇒ https://www.maff.go.jp/j/public/index.html

◆募集公募
◇有機農産物、有機畜産物及び有機加工食品について外国格付の表示を付する取扱業者等の認証の技術的基準案についての意見・情報の募集について

◇「特定農林水産物等の名称の保護に関する法律施行規則の一部を改正する省令案」についての意見・情報の募集について

◇日本農林規格等に関する法律施行規則の一部を改正する省令案についての意見・情報の募集について

◇日本農林規格等に関する法律施行規則案についての意見・情報の募集について

◆募集公募結果
◇農林水産物及び食品の輸出の促進に関する法律等の一部を改正する法律の施行に伴う関係政令の整備及び経過措置に関する政令案についての意見・情報の結果について

◇「排他的経済水域における漁業等に関する主権的権利の行使等に関する法律施行規則第1条の海域及び期間を定める告示案についての意見・情報の募集」の結果について

◇「外国人漁業の規制に関する法律施行規則及び排他的経済水域における漁業等に関する主権的権利の行使等に関する法律施行規則の一部を改正する省令案についての意見・情報の募集」の結果について

(3)調査結果等

・先週は、調査結果等の公表はありません。

~週間公表予定表(令和4年8月8日~8月12日)~

(4)公式SNS

・農林水産省フェイスブック
⇒ https://www.facebook.com/maffjapan(外部リンク)

・農林水産省ツイッター
⇒ https://twitter.com/MAFF_JAPAN(外部リンク)

6.「消費者の部屋」展示の御案内

消費者の部屋では、消費者の皆様に農林水産行政、食料、食生活等について御紹介するために、展示を行っています。

農林水産省本省の消費者の部屋は、東京メトロ霞ヶ関駅A5、B3a出口すぐ。開室時間は月曜日~金曜日の10時~17時(祝日・年末年始を除く。ただし、初日は12時から、最終日は13時まで)。

御来場の方は感染防止対策(人と人との間隔を空ける、マスクの着用、手指の消毒等々)を行っていただきますようお願いいたします。

◇お米の魅力に迫る!~食べて!見て!知って!米・米粉をおいしく食べよう~

米の消費は食の多様化・少子高齢化等により年々減少していますが、我が国の大切な食料生産基盤であり、多面的機能を有する水田を維持し、国内農業を振興していくためにも、米の消費拡大に取り組むことが重要です。
米飯学校給食の取組やBUZZMAFF(ばずまふ)等とコラボした米の消費拡大の取組、米粉の普及に向けた取組についてパネルや動画を用いて紹介します。
また米粉のレシピ集等を配布すると共に様々なお米製品や米粉を使用した製品を展示します。
是非、お越しください。

詳しくはこちらをご覧ください。
⇒ https://www.maff.go.jp/j/syouan/heya/2208kome.html

<編集後記>

8月に入り、全国各地で大雨による被害が見られ、今後も警戒が必要とされています。お住まいの地域によって、起こりうる二次災害は異なりますので、身の安全を最優先に、万全の備えを行っていただくようお願いいたします。

お願い

お問い合わせ等は以下のメールフォームから

本メールマガジンは、配信専用メールアドレスから配信しています。
メールマガジンに関する御意見や不明な点に関するお問い合わせ等につきましては、以下のメールフォーム
https://www.contactus.maff.go.jp/voice/sogo.html
からお願いします。

リンクURLの一部にPDF形式のものがあります

メールマガジンに記載したURLで、一部PDF形式のものがあります。
PDFファイルをご覧いただくためには、農林水産省ホームページ
https://www.maff.go.jp/j/use/link.html
「3 PDFファイルについて」をご覧になり、「Get Adobe Reader」のアイコンでAdobe Readerをダウンロードしてください。

配信登録等は以下のサイトから

メールマガジンの配信登録、配信解除、メールアドレス等の会員情報の変更は、以下のサイトから手続きをお願いします。
配信停止、メールアドレス変更等には、パスワードが必要です。
パスワードをお忘れの場合はパスワードの再発行を行ってください。

メールマガジンの配信登録
https://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/reg.html

メールマガジンの配信解除
https://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/can.html

メールアドレス等の変更
https://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/chg.html

パスワード再発行
https://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/re.html

連絡先等

発行:農林水産省大臣官房広報評価課広報室
(〒100-8950東京都千代田区霞が関1-2-1)

バックナンバーは、こちらをご覧ください。
https://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/bk.html

お問合せ先

大臣官房広報評価課広報室

代表:03-3502-8111(内線3073)
ダイヤルイン:03-3501-3779

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader