このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

農林水産省メールマガジン令和4年4月25日第991号

◇目次

  1. 先週の大臣会見
  2. 農林水産省の動き
  3. 農林水産省広報誌「aff(あふ)」
  4. 東日本大震災関連情報
  5. その他新着情報
  6. 「消費者の部屋」展示の御案内

1.先週の大臣会見

◇4月19日(火曜日)
「原油価格・物価高騰等総合緊急対策」に係る農林水産分野の対応、まん延防止等重点措置の解除による飲食店等への影響等、高病原性鳥インフルエンザへの対応等、日ロさけ・ます漁業交渉について、質疑・応答がなされました。

・詳しくは、こちらをご覧ください。
動画⇒ https://www.maff.go.jp/j/douga/220419.html
文字情報⇒ https://www.maff.go.jp/j/press-conf/220419.html

◇4月22日(金曜日)
日ロさけ・ます漁業交渉等、「自衛隊の災害派遣に関する実態調査」の結果に基づく勧告について、質疑・応答がなされました。

・詳しくは、こちらをご覧ください。
動画⇒ https://www.maff.go.jp/j/douga/220422.html
文字情報⇒ https://www.maff.go.jp/j/press-conf/220422.html

2.農林水産省の動き

(1)トピックス

◇新型コロナウイルスについて

新型コロナウイルス感染症に関する対策やお願いについて、農林水産省ウェブサイトへまとめています。

・詳しくはこちらをご覧ください。
⇒ https://www.maff.go.jp/j/saigai/n_coronavirus/index.html

(2)審議会等の予定

◇今週の会議等については、こちらからご確認ください。
⇒ https://www.maff.go.jp/j/pr/event/kaigi.release.html

3.農林水産省広報誌「aff(あふ)」

◇4月27日公開!その魅力を世界へ発信!日本茶の輸出/旬を食べるカレー旅!(カツオとトマトのうま味たっぷりデミグラスカレー)

農林水産物・食品の輸出額が2021年に初めて1兆円を超えるなか、緑茶の輸出額も同年に200億円を超えました。
今週のaffでは、日本茶の輸出の状況や輸出事例、世界に向けた日本茶の魅力を伝える取り組みなどに迫ります。
是非ご覧ください!

連載は47都道府県の特産食材を組み合わせた絶品カレーレシピを紹介する「旬を食べるカレー旅」。
高知県特産のカツオと熊本県特産のトマトを使ったうま味たっぷりデミグラスカレーを紹介します。
お楽しみに!

・誌面はこちらからご覧になれます。
⇒ https://www.maff.go.jp/j/pr/aff/index.html

また、より良い誌面づくりのため、「aff(あふ)」の感想をお聞かせください(各ページ下の「感想をお聞かせください」よりアンケートフォームにお入りいただけます)。

4.東日本大震災関連情報

◆東日本大震災に関する情報
⇒ https://www.maff.go.jp/j/kanbo/joho/saigai/index.html

◇農畜水産物等に含まれる放射性物質の検査結果
・農産物に含まれる放射性セシウム濃度の検査結果
⇒ https://www.maff.go.jp/j/kanbo/joho/saigai/s_chosa/index.html

・水産物の放射性物質調査の結果
⇒ https://www.jfa.maff.go.jp/j/housyanou/kekka.html

5.その他新着情報

(1)プレスリリースPickUp

◇「日ロさけ・ます漁業交渉(日本水域)」の結果について

令和4年4月11日(月曜日)から4月22日(金曜日)まで、ウェブ会議で「日ロ漁業合同委員会第38回会議」が開催され、2022年の日本200海里水域における我が国漁船によるロシア系さけ・ますの操業条件等について実質的に妥結しました。

⇒ https://www.jfa.maff.go.jp/j/press/kokusai/220423.html

◇群馬県における豚熱の確認(国内80例目)及び「農林水産省豚熱・アフリカ豚熱防疫対策本部」の持ち回り開催について

4月22日(金曜日)、群馬県太田市の養豚農場において家畜伝染病である豚熱の患畜が確認されたことを受け、「農林水産省豚熱・アフリカ豚熱防疫対策本部」を持ち回りで開催し、今後の防疫方針について決定しました。

⇒ https://www.maff.go.jp/j/press/syouan/douei/220422_4.html

◇ベルギーからの家きん肉等の一時輸入停止措置の解除について

ベルギーの一部州における鳥インフルエンザの清浄性を確認したことから、4月22日(金曜日)、当該州からの家きん肉等の一時輸入停止措置を解除しました。

⇒ https://www.maff.go.jp/j/press/syouan/douei/220422.html

◇米国からの家きん肉等の一時輸入停止措置について

4月22日(金曜日)にアメリカ合衆国ウィスコンシン州及びコロラド州からの家きん肉等の一時輸入停止措置を講じました。

⇒ https://www.maff.go.jp/j/press/syouan/douei/220422_3.html

◇令和4年3月16日の地震による福島県相馬郡新地町の区域に係る災害についての激甚災害及びこれに対し適用すべき措置の指定に関する政令について

4月22日(金曜日)、令和4年3月16日の地震による福島県相馬郡新地町の区域に係る災害を局地激甚災害として指定し、併せてこれに対し適用すべき措置を指定する政令が、閣議決定されました。

⇒ https://www.maff.go.jp/j/press/kanbo/bunsyo/saigai/220422.html

◇金子農林水産大臣とオコーナー・ニュージーランド農業大臣との会談

4月21日(木曜日)、金子農林水産大臣は、訪日中のオコーナー・ニュージーランド農業大臣と会談を行いました。

⇒ https://www.maff.go.jp/j/press/yusyutu_kokusai/chiiki/220421.html

◇フランスからの生きた家きん、家きん肉等の一時輸入停止措置について

4月9日(土曜日)にフランスのオート・ヴィエンヌ県からの、4月13日(水曜日)にサルト県からの、4月21日(木曜日)にアヴェロン県からの生きた家きん、家きん肉等の一時輸入停止措置を講じました。

⇒ https://www.maff.go.jp/j/press/syouan/douei/220421_3.html

◇ブルガリアからの家きん肉等の一時輸入停止措置について

4月21日(木曜日)にブルガリアのブルガス州からの家きん肉等の一時輸入停止措置を講じました。

⇒ https://www.maff.go.jp/j/press/syouan/douei/220421_2.html

◇秋田県で確認された高病原性鳥インフルエンザの疑似患畜(国内22例目)の遺伝子解析及びNA亜型の確定について

秋田県大仙市で確認された高病原性鳥インフルエンザの疑似患畜(国内22例目)について、動物衛生研究部門が実施した遺伝子解析の結果、高病原性鳥インフルエンザの患畜であることが確認されました。
また、当該高病原性鳥インフルエンザのウイルスについて、NA亜型が判明し、H5N1亜型であることが確認されました。

⇒ https://www.maff.go.jp/j/press/syouan/douei/220421.html

◇指定棚田地域の指定について

農林水産省、総務省、文部科学省、国土交通省、環境省は、農産物の供給以外にも多面的機能を有しながら荒廃の危機に直面する棚田について、棚田地域振興法に基づき支援しています。
4月21日(木曜日)、新たに2県2地域の指定棚田地域を指定しました。

⇒ https://www.maff.go.jp/j/press/nousin/nihon/220421.html

◇北海道で確認された高病原性鳥インフルエンザの疑似患畜(国内20例目)の遺伝子解析及びNA亜型の確定について

北海道白老町(しらおいちょう)で確認された高病原性鳥インフルエンザの疑似患畜(国内20例目)について、動物衛生研究部門が実施した遺伝子解析の結果、高病原性鳥インフルエンザの患畜であることが確認されました。
また、当該高病原性鳥インフルエンザのウイルスについて、NA亜型が判明し、H5N1亜型であることが確認されました。

⇒ https://www.maff.go.jp/j/press/syouan/douei/220420_2.html

◇北海道で確認された高病原性鳥インフルエンザの疑似患畜(国内21例目)の遺伝子解析及びNA亜型の確定について

北海道網走市で確認された高病原性鳥インフルエンザの疑似患畜(国内21例目)について、動物衛生研究部門が実施した遺伝子解析の結果、高病原性鳥インフルエンザの患畜であることが確認されました。
また、当該高病原性鳥インフルエンザのウイルスについて、NA亜型が判明し、H5N1亜型であることが確認されました。

⇒ https://www.maff.go.jp/j/press/syouan/douei/220420_1.html

◇米国からの生きた家きん、家きん肉等の一時輸入停止措置について

4月20日(水曜日)にアメリカ合衆国ユタ州及びカンザス州からの生きた家きん、家きん肉等の一時輸入停止措置を講じました。

⇒ https://www.maff.go.jp/j/press/syouan/douei/220420.html

◇青森県で確認された高病原性鳥インフルエンザの疑似患畜(国内19例目)の遺伝子解析及びNA亜型の確定について

青森県横浜町で確認された高病原性鳥インフルエンザの疑似患畜(国内19例目)について、動物衛生研究部門が実施した遺伝子解析の結果、高病原性鳥インフルエンザの患畜であることが確認されました。
また、当該高病原性鳥インフルエンザのウイルスについて、NA亜型が判明し、H5N1亜型であることが確認されました。

⇒ https://www.maff.go.jp/j/press/syouan/douei/220420_3.html

◇カナダからの生きた家きん、家きん肉等の一時輸入停止措置について

4月19日(火曜日)にカナダのサスカチュワン州からの生きた家きん、家きん肉等の一時輸入停止措置を講じました。

⇒ https://www.maff.go.jp/j/press/syouan/douei/220419_5.html

◇令和3年産米の相対取引価格・数量について(令和4年3月)

令和3年産米の「相対取引価格・数量(令和4年3月)」について取りまとめました。

⇒ https://www.maff.go.jp/j/press/nousan/kikaku/220419.html

◇米国からの生きた家きん、家きん肉等の一時輸入停止措置について

4月18日(月曜日)にアメリカ合衆国モンタナ州、ノースダコタ州及びウィスコンシン州からの、4月19日(火曜日)にアイダホ州及びペンシルバニア州からの生きた家きん、家きん肉等の一時輸入停止措置を講じました。

⇒ https://www.maff.go.jp/j/press/syouan/douei/220419_4.html

◇再生可能エネルギー発電設備の適正な導入及び管理の在り方に関する検討会(第1回)を開催しました

農林水産省、経済産業省、国土交通省及び環境省は、4月21日(木曜日)に「再生可能エネルギー発電設備の適正な導入及び管理の在り方に関する検討会」(第1回)を開催しました。

⇒ https://www.maff.go.jp/j/press/kanbo/r_energy/220419.html

◇宮城県石巻市で発生した高病原性鳥インフルエンザ(国内17例目)に係る移動制限の解除について

宮城県は、同県石巻市で確認された高病原性鳥インフルエンザ(今シーズン国内17例目)に関し、発生農場から半径3km以内で設定している移動制限区域について、令和4年4月19日(火曜日)午前0時(4月18日(月曜日)24時)をもって、当該移動制限を解除しました。

⇒ https://www.maff.go.jp/j/press/syouan/douei/220419_3.html

◇秋田県における高病原性鳥インフルエンザの疑似患畜の確認(国内22例目)及び「農林水産省鳥インフルエンザ防疫対策本部」の持ち回り開催について

4月19日(火曜日)、秋田県大仙市の家きん農場において、家畜伝染病である高病原性鳥インフルエンザの疑似患畜が確認(今シーズン国内22例目)されました。
これを受け、「農林水産省鳥インフルエンザ防疫対策本部」を持ち回りで開催し、今後の対応方針について決定しました。

⇒ https://www.maff.go.jp/j/press/syouan/douei/220419.html

◇オランダ・アルメーレで「フロリアード2022」が開幕!

4月14日(木曜日)、オランダ・アルメーレで「フロリアード2022(2022年アルメーレ国際園芸博覧会)」が開幕しました。
農林水産省及び国土交通省は本博覧会で、「日本の花き及び花き文化」、「日本庭園」を展示・紹介しています。

⇒ https://www.maff.go.jp/j/press/nousan/kaki/220418.html

(2)パブリックコメント

農林水産省では、新たに行う規制の設定・改廃や政策について、広く皆様から意見・情報を募集しています。

パブリックコメント
⇒ https://www.maff.go.jp/j/public/index.html

◆募集開始
◇資源管理基本方針の一部を変更する告示案についての意見・情報の募集について

(3)調査結果等

・令和3年度食料・農林水産業・農山漁村に関する意識・意向調査農業分野の地球温暖化緩和策に関する意識・意向調査結果(令和4年4月20日公表)(PDF:827KB)
⇒ https://www.maff.go.jp/j/finding/mind/attach/pdf/index-74.pdf

・令和2年度森林組合一斉調査結果(令和4年4月19日公表)(PDF:1,337KB)
⇒ https://www.maff.go.jp/j/tokei/kouhyou/sinrin_kumiai/attach/pdf/index-24.pdf

~週間公表予定表(令和4年4月25日~令和4年4月29日)(PDF:152KB)~

(4)公式SNS

・農林水産省フェイスブック
⇒ https://www.facebook.com/maffjapan(外部リンク)

・農林水産省ツイッター
⇒ https://twitter.com/MAFF_JAPAN(外部リンク)

6.「消費者の部屋」展示の御案内

消費者の部屋では、消費者の皆様に農林水産行政、食料、食生活等について御紹介するために、展示を行っています。

農林水産省本省の消費者の部屋は、東京メトロ霞ヶ関駅A5、B3a出口すぐ。開室時間は月曜日~金曜日の10時~17時(祝日・年末年始を除く。ただし、初日は12時から、最終日は13時まで)。

御来場の方は感染防止対策(人と人との間隔を空ける、マスクの着用、手指の消毒等々)を行っていただきますようお願いいたします。

◇地方参事官室からお届けします~現場と農政を結ぶ!全国の取組を一挙公開~
令和4年4月18日(月曜日)~4月28日(金曜日)

農政を伝え、現場の声を汲み上げ、ともに解決する地方参事官室を全国の都道府県域拠点に配置しています。
今日も現場の課題解決のために駆け巡る地方参事官室の活動を分かりやすく紹介します。
今回の展示では、地方参事官室を一般の方々に身近に感じていただけるよう、地方参事官室が地域とともに問題を解決した事例や地域の先進的な優良事例などについて、サンプル等を交えてご紹介します。
是非、お越しください!

詳しくは、こちらをご覧ください。
⇒ https://www.maff.go.jp/j/syouan/heya/2204chsz.html

<編集後記>

今週から大型連休に入られる方もいらっしゃるかと思います。人事異動などで環境が変わったことで、自分でも気づかぬうちに心身が疲弊していることがありますので、自分の好きなことに時間を使って、リフレッシュしてみてはいかがでしょうか。
なお、次回の配信は5月9日(月曜日)となります。

お願い

お問い合わせ等は以下のメールフォームから

本メールマガジンは、配信専用メールアドレスから配信しています。
メールマガジンに関する御意見や不明な点に関するお問い合わせ等につきましては、以下のメールフォーム
https://www.contactus.maff.go.jp/voice/sogo.html
からお願いします。

リンクURLの一部にPDF形式のものがあります

メールマガジンに記載したURLで、一部PDF形式のものがあります。
PDFファイルをご覧いただくためには、農林水産省ホームページ
https://www.maff.go.jp/j/use/link.html
「3 PDFファイルについて」をご覧になり、「Get Adobe Reader」のアイコンでAdobe Readerをダウンロードしてください。

配信登録等は以下のサイトから

メールマガジンの配信登録、配信解除、メールアドレス等の会員情報の変更は、以下のサイトから手続きをお願いします。
配信停止、メールアドレス変更等には、パスワードが必要です。
パスワードをお忘れの場合はパスワードの再発行を行ってください。

メールマガジンの配信登録
https://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/reg.html

メールマガジンの配信解除
https://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/can.html

メールアドレス等の変更
https://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/chg.html

パスワード再発行
https://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/re.html

連絡先等

発行:農林水産省大臣官房広報評価課広報室
(〒100-8950東京都千代田区霞が関1-2-1)

バックナンバーは、こちらをご覧ください。
https://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/bk.html

お問合せ先

大臣官房広報評価課広報室

代表:03-3502-8111(内線3073)
ダイヤルイン:03-3501-3779

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader