このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

改正の科学的根拠となる病害虫リスクアナリシス(PRA)の結果(第4次改正)

※このページに掲載しているPRA報告書は第4次改正当時のものです。最新版はこちらをご確認ください。

第4次改正(平成28年5月24日)における病害虫リスクアナリシス(PRA)の結果

(1) 検疫有害動植物の指定(改正植物防疫法施行規則別表1関係)

今回の改正にて新たに追加した検疫有害動植物13種の根拠の概要

PDF版(PDF:236KB)

(2) 輸出国での栽培地検査対象の検疫有害動植物の見直し(植物防疫法施行規則の別表1の2関係)

1) 既存の輸出国での栽培地検査対象の検疫有害動植物の対象となる植物又は地域の見直しの根拠

対象となる植物の見直し(PDF : 131KB)

対象となる地域の見直し(PDF : 67KB)

2) 新たに輸出国での栽培地検査の対象とする検疫有害動植物に追加する10種の検疫有害動植物の根拠

1. Aleurocanthus woglumi(ミカンクロトゲコナジラミ)(PDF : 1,060KB)

2. Tuta absoluta(トマトキバガ)(PDF : 836KB)

3. Meloidogyne enterolobii(PDF : 935KB)

4. Xiphinema index(ブドウオオハリセンチュウ)(PDF:857KB)

5. Apiosporina morbosa(PDF:507KB)

6. Ceratocystis fagacearum(ナラ類しおれ病菌)(PDF:674KB)

7. Deuterophoma tracheiphila(PDF:671KB)

8. Eutypa lata(PDF : 1,193KB)

9. Guignardia citricarpa(PDF : 585KB)

10. Sphaeropsis tumefaciens(カンキツ類てんぐ巣病菌)(PDF:630KB)

(3) 輸入禁止対象の検疫有害動植物の対象となる植物又は地域の見直し(植物防疫法施行規則の別表2関係)

  1) 既存の輸入禁止対象の検疫有害動植物の対象となる植物又は地域の見直しの根拠

対象となる植物の見直し(PDF : 111KB)

対象となる地域の見直し(PDF : 145KB)

(4) 輸出国での検疫措置対象の検疫有害動植物の見直し(植物防疫法施行規則の別表2の2関係)

1) 既存の輸出国での検疫措置対象の検疫有害動植物の対象となる植物の見直しの根拠

2) 新たに求める検疫措置(熱消毒、精密検査等)の対象として今次改正で指定した18種の検疫有害動植物について、これらの措置を適用した科学的根拠であるPRA報告書及びその要約は以下のとおりです。

1. Anastrepha fraterculus(ミナミアメリカミバエ)(PDF : 944KB)

2. Anastrepha grandis(PDF:562KB)

3. Anastrepha ludens(メキシコミバエ)(PDF : 875KB)

4. Anastrepha obliqua(ニシインドミバエ)(PDF:668KB)

5. Anastrepha suspensa(カリブミバエ)(PDF:1,035KB)

6. Circulifer tenellus(テンサイヨコバイ)(PDF:1,217KB)

7. Diabrotica undecimpunctata(ジュウイチホシウリハムシ)(PDF:637KB)

8. Naupactus leucoloma(シロヘリクチブトゾウムシ)(PDF:1,099KB)

9. Otiorhynchus ovatus(イチゴクチブトゾウムシ)(PDF:795KB)

10. Scolytus multistriatus(セスジキクイムシ)(PDF:621KB)

11. Scolytus scolytus(ヨーロッパニレノキクイムシ)(PDF:577KB)

12. Ophiostoma novo-ulmi subsp. novo-ulmi(PDF:712KB)

13. Candidatus Liberibacter solanacearum並びにその媒介虫(Bactericera cockerelli、Bactericera nigricornis、Bactericera trigonica及びTrioza apicalis)(PDF : 1,499KB)

14. Pseudomonas syringae pv. actinidiae biovar3(PDF : 845KB)

15. Spiroplasma citri(PDF:751KB)

16. Xylella fastidiosa(PDF : 1,245KB)

3) これまで植物防疫法施行規則の別表1の2で規定していたが、別表2の2へ変更するもの

17. Potato spindle tuber viroid(ジャガイモやせいもウイロイド)(PDF : 573KB)

18. Pepino mosaic virus(PDF : 571KB)

19. Columnea latent viroid(PDF : 511KB)

20. Mexican papita viroid(PDF : 418KB)

21. Tomato apical stunt viroid(PDF : 530KB)

22. Tomato chlorotic dwarf viroid(トマト退緑萎縮ウイロイド)(PDF : 514KB)

23. Pepper chat fruit viroid(PDF : 491KB)

24. Tomato planta macho viroid(PDF : 423KB)

(5) 非検疫有害動植物の追加(平成23年農林水産省告示第542号の第1号の表の2の項及び第2号の表の2の項関係)

新たに追加する非検疫有害動植物102種のPRA結果の概要

消費用の植物(切花、切葉)に付着するものは非検疫有害動植物だが、栽培の用に供する植物(球根、苗類)に付着するものは、引き続き検疫対象とする12種のPRA結果の概要 

お問合せ先

消費・安全局植物防疫課

担当者:企画班
代表:03-3502-8111(内線4567)
ダイヤルイン:03-6744-2035
FAX番号:03-3502-3386

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader