このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

米の消費拡大情報サイト「やっぱりごはんでしょ!」

新着情報おにぎり特集カレー特集大盛り・おかわり無料情報旅先グルメ日本全国ごはんの恋人たちわたしたち日本ごはん党日本のおむすび米粉レシピ離乳食レシピごはんレシピなど米粉メニューなどごはんで健康知るお米は備蓄の柱です

やっぱりごはんでしょ!トップ
このサイトでは、皆さんがごはんをもっと好きになる、もっと食べたくなる、そんな情報をお届けします。 
なぜ、お米の消費拡大が大切なのかは、コチラをご覧下さい。

新着情報

ファミマコラボ
 ファミリーマートは農林水産省とともに国産米の消費拡大に向けた取り組みを積極的に展開しております。

新商品の案内
大満足てんこ盛り弁当


ごはんは通常の1.5倍の約300グラム!お手頃価格でボリューム満点弁当!!ストアスタッフとスーパーバイザーが開発した「大満足!てんこもり弁当」新発売!!(ファミリーマート)


これまでの新着情報


特集:おむすび(おにぎり)

農水省職員が見つけた町のおにぎり屋さん

北海道東北関東北陸東海近畿中国四国九州・沖縄



一般社団法人おにぎり協会に協力いただいている企画

おにぎり訪問
おにぎり訪問

おにぎりレシピ

一般社団法人おにぎり協会推奨のご当地おにぎりレシピを紹介。
おにぎりジャパン

おむすび便り

協賛企業ロゴ


おむすび便りタイトル
(外部リンク)
全国に広がるJFN38局から寄せられたご当地食材でおむすびをつくろう!

全国のFM38局で毎週木曜「あぐりずむ」でオンエア
アンバサダー 川瀬良子


お子さんとお母さん応援企画

  • 部活やテストなどを頑張っているお子さんとお母さんたちを応援!(フジッコ株式会社)
今日も、よろこんぶおにぎりでゲン担ぎ

特集:カレーライス


カレーライス版”わたしたち日本ごはん党”

カレーライス版わたしたち日本ごはん党

日本各地のカレー

ぐる旅ロゴ
うわさのカレー食べ歩き(外部リンク)出典:ぐるたび

 

レトルトカレー博物館

レトルトカレー博物館
株式会社カレー総合研究所
日本全国のレトルトカレーを紹介(外部リンク)

カレーライスレシピ

「艦めし」艦艇や部隊のカレーレシピを紹介(海上自衛隊)
艦めし
出典:海上自衛隊ホームページ(http://www.mod.go.jp/msdf/kanmeshi/menu/cr/index.html)(外部リンク)


企業・団体の方にご協力頂いている企画 

企業・団体の方に御協力頂いている企画

全国のごはん大盛り・おかわり無料のお店

農林水産省食べログロゴ大盛りごはんお米の消費量が減少すると、お米の生産量を抑制しなければなりません。水田は、雨水を一時的に貯留し洪水や土砂崩れを防ぐとともに、多様な生きものを育み、また、美しい農村の風景は、私たちの心を和ませてくれるなど大きな役割を果たしております。多機能な水田を維持するためにも皆さんごはんをいっぱい食べましょう。 

旅先グルメごはん

農水省ぐるなびロゴこだわりご飯
日本人は昔からご飯を食べてきましたが、その歴史の中で様々な食文化が育まれ、いろいろな特徴を持ったごはん料理が生まれてきました。ここでは、日本全国のグルメなごはん料理を食べることができるお店を紹介します。


日本全国ごはんの恋人たち

テーブルマークロゴ
日本全国ごはんの恋人たち  一度は食べてみたい!全国47都道府県から選りすぐったご飯のおともを紹介します。
(外部リンク)



農林水産省は、米の消費拡大に取り組む企業を応援します。

 
わたしたち日本ごはん党

 

米の消費拡大に取り組む企業の紹介


お米の美味しさを再認識
(外部リンク)


永谷園コラボロゴ



おかわり無料に取り組む企業

おかわり無料に取り組む企業

 

大盛り無料に取り組む企業

大盛り無料に取り組む企業

 


新製品開発に取り組む企業

新製品開発に取り組む企業

 

食育に取り組む企業

食育に取り組む企業

 

 
これまでの活動報告
 

農林水産省は、米の消費拡大に取り組む企業を応援します。
その取組又はアイデアを農林水産省のWebサイト(当サイト)で紹介させていただきますので、ぜひご応募ください。

応募フォーム


注意事項:

  1. わたしたち日本ごはん党に応募できる者は、このホームページに記載されているごはん食推進の主旨に賛同し、米の消費拡大に向けた取組への参加を希望する企業・団体(政治団体、宗教法人及び反社会的勢力を除く。)とします。消費者に虚偽の情報を与え、不当な利益を上げるなど、掲載が不適切と判断される場合には、取りやめることがあります。
  2. わたしたち日本ごはん党に掲載する内容は、農林水産省が個別の商品やサービスの品質を保証・推奨するものではありません。
  3. わたしたち日本ごはん党に参加する者が第三者に損害を与えた場合、当該企業・団体自身ががその損害について全責任を負うものとし、農林水産省は一切の損害、損失又は責任を負わないものとします。

日本のおむすび全部食べた~い

JA女性組織では、米の消費拡大や伝統的な食文化の継承などを目的とした活動を展開しています。その一環として、全国47都道府県のJA女性組織のメンバーが考案したり、古くから伝わったりするおむすびがずらりと並んだポスターと冊子を作成しました。いずれも地元の食材と自慢の米で作られ、味も抜群。ひとつひとつのおむすびから各地域の食文化の一端や農業にかける思いを感じられます。
詳細はこちら(日本のおむすび全部食べた~い(PDF : 5,355KB))をクリック。各県のおにぎりの詳細がご覧いただけます。

JA全国女性組織協議会(外部リンク)

日本おむすび全部たべた~い 分割版1(PDF : 1,994KB) 分割版2(PDF : 1,699KB)


日本のおむすび全部食べたい

おにぎりダイエット+ウォーク(全農)


おにぎりダイエット+ウォーク
(外部リンク)

JA全農は、国産米の消費拡大の一環として2016年から「おにぎりダイエットプログラム」の普及をすすめてきました。
今回、より手軽に生活の中に取り入れやすいものとするため、「おにぎりによるカロリーコントロール」と、誰でも手軽に実践できる
「ウォーキング」を組み合わせた新たなプログラムを考案。
「おにぎりダイエット+ウォーク」としてリニューアルします。当プログラムの概要や、実践方法はウェブサイトをご参照ください。
JA全農は、国産米の消費拡大を目的に、今後もさまざまな形でご飯の魅力を発信していきます。
 

米粉の用途別レシピ動画《サクサク揚げ物からあげ編》

米粉は、小麦粉よりも油の吸収率が低く、例えば唐揚げの場合、米粉で衣を作って揚げるとサクサク感が長く継続して美味しい唐揚げを作ることが出来ます。是非お試し下さい。

 

すくコム《ごはんを食べよう。ママパパの食事から取り分けてつくる、楽ちん離乳食レシピ》

「離乳食ってメニューを考えるのが面倒!」「大人の食事と別に準備するのが手間」と嘆くママパパ、たくさんいらっしゃるのではないでしょうか?そんな皆さんのために、今回の記事は、ママパパ向けの食事をつくる過程でその一部を取り分け、離乳食を完成させてしまう簡単レシピと献立例をご紹介します。
トップ画像
(外部リンク) 

 

たいとほうれんそうの中華がゆ ほか

(外部リンク)
たいとほうれんそうの中華がゆ ほか
※材料は全て2人分です。

A.主食+主菜:たいとほうれんそうの中華がゆ

(材料)
米1カップ(※)
水1リットル
ほうれんそう100g
たいの切り身(刺身用)100g
塩、こしょう
適量
ごま油(またはラー油) 適量

米は炊飯器に付属されている計量カップ(180ml≒米150g)で計りましょう。

(つくり方)
1)米を洗い炊飯器に入れる。水を加え30分程おき、炊飯器のおかゆモードで炊く。

2)ほうれんそうは水洗いし、軸と葉の境目で半分に切る。湯を沸かし、沸騰したら軸を入れ好みの固さになるまでゆでて水に落とす。葉の方も同様にゆで、水に落とす。冷めたら水気をしっかり絞って小口から刻んでおく。

3)おかゆが炊けたら、離乳食用に取り分け、残りは大人用に塩、こしょうで味をつける。

4)大人用のおかゆは、器に盛りほうれんそうとたいの切り身をのせ、ごま油(またはラー油)をかける。

B.副菜:そら豆のグリル焼き
(材料)
そら豆 6本程度
 塩 適量(お好みで)

(つくり方)
1)そら豆はグリルで8~10分を目安に焼く(両面焼きでなければ、片面7分が目安です)。

2)大人用のそら豆は、お好みで塩をふる。

 

関連サイト

ごはんレシピ等

米粉メニュー等


ごはんで健康


お米について学ぶ


現在募集中のイベントや取り組み等

お米は備蓄の柱です。

農林水産省では、食料安全保障の観点から、地震などの大規模災害や新型インフルエンザなどの新型感染症といった緊急時に備え、日頃から家庭での食料品の備蓄に取り組むことを推奨しています。

緊急時に備えた家庭用食料品備蓄ガイド

 

<緊急時に備え、日頃から食料品を備蓄しましょう>

【米】(エネルギー及び炭水化物の確保>お米は備蓄の柱です備蓄の柱!2キログラムの米が1袋あると、水と熱源があれば、(1食=0.5合=75gとした場合)約27食不分になります。

 

お問合せ先

政策統括官付穀物課米麦流通加工対策室

代表:03-3502-8111(内線4239)
ダイヤルイン:03‐3502‐7950
FAX番号:03-6744-2523

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader