ホーム > 組織・政策 > 消費・安全 > トレーサビリティ関係 > お米の流通に関する制度


ここから本文です。

お米の流通に関する制度

お米の流通に関する制度

米トレーサビリティ制度イメージ図

注目情報

メインリンク

消費者のみなさまへ

生産者のみなさまへ

流通業のみなさまへ

米加工品製造業のみなさまへ

小売販売業のみなさまへ

外食業のみなさまへ

その他の事業者のみなさまへ

パンフレット等のダウンロード

疑義情報、公益通報窓口について

よくあるご質問(Q&A)

法律の詳細についてはこちら

米トレーサビリティ法について

  • お米、米加工品に問題が発生した際に流通ルートを速やかに特定できるようするための取引記録の作成・保存と、お米の産地を事業者や一般消費者に対して伝えることを生産者、事業者の皆さんにお願いする法律。

食糧法遵守事項について

  • 米粉用や飼料用など主食用以外に用途を限定した米穀、食用に適さない米穀を取り扱う際に遵守すべきものです。生産者、事業者の皆さんにお願いする制度。

農産物検査法に係る監視について

  • 生産された米穀の産地、品種、産年について証明をする農産物検査の内容と、その検査を担う登録検査機関について定めた法律。

食品表示法、不正競争防止法等について

  • お米や米加工品の取引に際して、米トレーサビリティ法、食糧法遵守事項、農産物検査法以外に、事業者の皆さんに関わりの深い制度をいくつか紹介。

米トレーサビリティ法違反に係る指導件数等 

米トレーサビリティ法の施行状況に関する検討について 

平成27年10月に米トレーサビリティ法が施行後5年を迎えたことから、附則第5条に基づき、この法律の施行の状況について検討を加えました。

米トレーサビリティ制度説明会の開催について

ご要望に応じて説明会を開催しますので、ご希望の方は、最寄りの地方農政局・支局等の窓口にお問い合わせください。

米穀流通監視相談窓口の設置について

農林水産省では、食品としての安全性を欠く米穀等の流通を防止し、表示の適正化を図り、適正かつ円滑な流通を確保する観点から、広く国民の皆様から食用に適さない米穀の横流しなど不適切な米の流通に関する情報などを受けるためのホットラインを全国に設置しております。

米穀流通監視相談窓口のご案内

お問い合わせ先

消費・安全局消費者行政・食育課米穀流通監視室
担当者:米穀流通監視企画班 
代表:03-3502-8111(内線4630)
ダイヤルイン:03-6744-1703
FAX:03-3502-0594

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

農林水産省案内

リンク集


アクセス・地図