このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

飼料の安全関係

更新日:平成28年10月14日

農林水産省は、国内で生産される、あるいは海外から輸入される飼料の安全性を確保するため、科学的知見に基づき、飼料中の有害物質に対する基準・規格の設定や飼料の製造・輸入・販売・使用の各段階における検査を行っています。

 飼料及び飼料添加物の製造、輸入、販売を行う事業者のみなさまへ

農林水産省の取組 

抗菌性飼料添加物のリスク管理措置(PDF:310KB)                (参考)家畜における薬剤耐性菌の選択(PDF:110KB)

         畜産農家向けパンフレット表紙(画像)(PDF:1,223KB)     

 

飼料安全法に関するQ&A

 

飼料、ペットフード及び飼料添加物の自由販売証明書の発行

 

関係法令等

飼料の成分規格等

飼料関係通知

審議会等(リスク評価を実施)

農林水産省

厚生労働省

内閣府食品安全委員会

飼料安全法に基づく基準・規格等 

       飼料安全法では、残留農薬、有害物質の基準や飼料、飼料添加物の規制を定めています。

その他関連ページ

お問い合わせ先

消費・安全局畜水産安全管理課
担当者:飼料安全基準班
代表:03-3502-8111(内線4546)
ダイヤルイン:03-6744-1708
FAX:03-3502-8275