ホーム > 組織・政策 > 消費・安全 > 加工・調理食品の安全確保 > トランス脂肪酸に関する情報 > すぐにわかるトランス脂肪酸


ここから本文です。

 

更新日:2015年6月24日

すぐにわかるトランス脂肪酸

油脂や脂肪酸ってどんなもの? 

トランス脂肪酸ってなんだろう? 

食品にはどうしてトランス脂肪酸が含まれているの? 

トランス脂肪酸には、天然に食品中に含まれているものと、油脂を加工・精製する工程でできるものがあります。

天然にできるものバター牛乳牛肉

天然の不飽和脂肪酸はふつうシス型で存在します。しかし、牛や羊などの反芻(はんすう)動物では、胃の中の微生物の働きによって、トランス脂肪酸が作られます。そのため、牛肉や羊肉、牛乳や乳製品の中に天然に微量のトランス脂肪酸が含まれています。

油脂の加工・精製でできるものスナック類クリームパンドーナツマーガリン

常温で液体の植物油や魚油から半固体又は固体の油脂を製造する加工技術の一つである「水素添加」によってトランス脂肪酸が生成する場合があります。

水素添加によって製造されるマーガリン、ファットスプレッド、ショートニングや、それらを原材料に使ったパン、ケーキ、ドーナツなどの洋菓子、揚げ物などにトランス脂肪酸が含まれています。

また、植物から油を絞る際には、精製する工程で好ましくない臭いを取り除くために高温で処理を行います。この際に、植物に含まれているシス型の不飽和脂肪酸からトランス脂肪酸ができるため、サラダ油などの精製した植物油にも微量のトランス脂肪酸が含まれています。

トランス脂肪酸にはどんな種類があるの? 

シス型不飽和脂肪酸の名称と構造式

炭素の数

炭素の二重結合数

対応するトランス脂肪酸の数
オレイン酸
オレイン酸

18

1

1

リノール酸
リノール酸

18

2

3

α-リノレン酸
αリノレン酸

18

3

7

γ-リノレン酸
γリノレン酸

18

3

7

アラキドン酸
アラキドン酸

20

4

15

イコサペンタエン酸(EPA)
EPA

20

5

31

ドコサヘキサエン酸(DHA)
DHA

22

6

63

* リノール酸、α‐リノレン酸は、どの文献でも、食事から摂取しなければいけない必須脂肪酸とされています。

トランス脂肪酸が体に悪いって本当? 

トランス脂肪酸の目安量はどのくらい? 

脂質や食塩のとりすぎにも気をつけて! 

日本では何をしているの? 

※1  一定の栄養状態を維持するのに十分な摂取量。 
※2  生活習慣病の予防のために現在の日本人が当面の目標とすべき摂取量。

外国ではどんなことをしているの? 

(注)米国の規制に関し、「トランス脂肪酸がGRASの対象から除外された」や「トランス脂肪酸の食品への添加が禁止された」との報道がありますが、GRAS対象から除外されたのは、トランス脂肪酸を含む”部分水素添加油脂”です。加工食品の製造工程で、トランス脂肪酸自体を食品に添加しているわけではありません。
部分水素添加油脂についてはこちらの解説をご覧下さい。

例えば、

米国では、多くの食品に適用できる分析法を指定(AOAC Official Method 996.06)し、この分析法で測定したトランス脂肪酸の総量をまとめて表示するよう定めています。

デンマークでは油脂の加工でできる炭素の数が14から22までのトランス脂肪酸を規制の対象としており、天然にできるものは除いています。

お問い合わせ先

消費・安全局食品安全政策課
担当者:製造流通安全企画班
代表:03-3502-8111(内線4459)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

農林水産省案内

リンク集


アクセス・地図