このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

更新日:令和3年7月20日
担当:消費・安全局、生産局、林野庁、水産庁

放射性セシウムを含む肥料・土壌改良資材・培土及び飼料の暫定許容値の設定について


放射性セシウムによる農地土壌の汚染拡大を防ぐとともに、食品衛生法上問題のない農畜産物の生産を確保するため、農林水産省は、肥料や土壌改良資材、培土、そして飼料に含まれる放射性セシウムの暫定許容値を設定しています。

このページでは、生産資材の暫定許容値、検査結果、Q&A、関連の通知などについて情報提供しています。

暫定許容値の設定通知

関連通知 

肥料・土壌改良資材・培土及び飼料の暫定許容値

  暫定許容値
肥料 400 Bq/kg(製品重量)
土壌改良資材 400 Bq/kg(製品重量)
培土 400 Bq/kg(製品重量)
家畜用敷料 400 Bq/kg(製品重量)
飼料 100 Bq/kg(粗飼料は水分含量8割ベース、その他飼料は製品重量)
80 Bq/kg(製品重量、ただし粗飼料は水分含有量8割ベース)
家きん 160 Bq/kg(製品重量、ただし粗飼料は水分含有量8割ベース)
100 Bq/kg(粗飼料は水分含量8割ベース、その他飼料は製品重量)
養殖魚 40 Bq/kg(製品重量)

検査結果

リーフレットの紹介

関連ページの紹介(リンク)

お問合せ先

(堆肥について)
消費・安全局農産安全管理課肥料企画班,肥料検査指導班
ダイヤルイン:03-3502-5968

(土壌改良資材について)
農産局農産政策部農業環境対策課土壌環境改良推進班
ダイヤルイン:03-3593-6495

(培土について)
農産局農産政策部技術普及課生産資材対策室資材効率利用推進班
ダイヤルイン:03-6744-2435

(飼料の基準や検査方法、定点調査について)
消費・安全局畜水産安全管理課粗飼料対策班
ダイヤルイン:03-3502-8702

(飼料の生産や利用、モニタリングについて)
生産局畜産振興課飼料生産計画班
ダイヤルイン:03-6744-2399

(家畜排せつ物について)
生産局畜産部畜産企画課畜産環境・経営安定対策室環境企画班
ダイヤルイン:03-3502-0874

(魚粉・養殖魚について)
水産庁漁政部加工流通課加工振興班
ダイヤルイン:03-3502-8203
水産庁増殖推進部栽培養殖課養殖指導班,内水面班
ダイヤルイン:03-6744-2383,03-3502-8489

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader