このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

自動走行農機等に対応した農地整備の手引き


更新日:令和2年11月11日

担当:農村振興局整備部農地資源課地域整備班

 本手引きは、水田のほ場整備計画を作成するにあたって、自動走行農機等の導入・利用に対応するための基本的な考え方や留意点を整理したものであり、土地改良事業計画設計基準 計画「ほ場整備(水田)」基準書・技術書を補足する技術資料に位置づけられるものです。

 農業機械の自動化レベルは1~3まで定義されていますが、レベル3(遠隔監視下での無人状態での自動走行)については研究開発が進められている段階であることから、本手引きは自動化レベル1(使用者が搭乗した状態での自動化)、レベル2(ほ場内やほ場周辺からの監視下での無人状態での自動走行)を基本として整理し、レベル3については、研究開発の取組状況や課題を整理しています。
 レベル3の研究開発、実証、実装とその進捗等に応じて、本手引きの改定を行う予定です。


 手引きPR版   自動走行農機等に対応した農地整備の手引きについて(PDF : 1,752KB)

自動走行農機等に対応した農地整備の手引き(令和2年2月)

〈全体版〉

自動走行農機等に対応した農地整備の手引き(PDF : 20,102KB)

〈分割版〉

お問合せ先

農村振興局整備部農地資源課地域整備班

担当者:地域整備班 企画係
代表:03-3502-8111(内線5611)
直通:03-6744-2207
FAX番号:03-3592-0302

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader