このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

果樹のページ

くだもので暮らしを豊かに!合言葉は「毎日くだもの200グラム」

毎日くだもの200グラム  日本産果実マーク


農林水産省では、概ね2年以上栽培する草本植物及び木本植物であって、果実を食用とするものを「果樹」として取り扱っており、このページでは、この「果樹」に関する様々な情報を掲載しています。

(注)果樹という呼び方が馴染まない場合においては、「果物(くだもの)」や「果実」と記載していることがあります。

トピックス、最近の情報

果樹施策の概要

果樹農業に関する国の施策は、果樹農業振興特別措置法(果振法)および関係政省令に基づき、おおむね5年度ごとに定めることになっている果樹農業振興基本方針(基本方針)に沿って進められています。

果樹農業振興特別措置法(果振法)

果樹農業の振興を図るための基本方針(果樹農業振興基本方針) NEWアイコン

「果樹農業の振興を図るための基本方針」のポイント(前編)
「果樹農業の振興を図るための基本方針」のポイント(後編)

(参考)

食料・農業・農村政策審議会果樹・有機部会(果樹関係)資料
https://www.maff.go.jp/council/seisaku/kazyu/index.html

都道府県の果樹農業振興計画

果振法に基づき、基本方針を踏まえ、都道府県は果樹農業の振興に関する方針や目標等を定めた「果樹農業振興計画」を策定することができることとなっています。平成27年4月末現在において、東京都を除く全国46道府県において「果樹農業振興計画」が策定されています(各計画の詳細については、リンク集からご参照下さい)。  

<関連資料>

「果樹農業の振興を図るための基本方針の策定に伴う都道府県における果樹農業の振興を図るための計画の作成及び関係機関の連携・協力体制の構築について」(令和2年6月10日付け2生産第493号農林水産省生産局長通知)(PDF : 121KB) NEWアイコン

果樹産地構造改革計画(産地計画)

基本方針に基づき、国は、産地構造を改革し、競争力のある産地を構築するために、産地自らが産地の特性や意向を踏まえ、産地ごとに目指すべき具体的な姿(目標)を定めた「果樹産地構造改革計画(産地計画)」を策定し、産地計画に基づく取組を進めることを推進しています。詳細は、以下の資料をご覧下さい。

果樹園地の担い手への集積に向けた取組の指針

「果樹園地への担い手への集積と改植等の促進について」(平成28年8月22日)(PDF : 327KB)

果樹をめぐる情勢

果樹の生産、消費、流通・加工、輸出入、需給に関する様々な情報をまとめた資料です。

果樹対策事業

果樹産地に対する国の主な支援策

我が国の果樹産地の生産体制を強化するため、優良品目・品種への改植・新植、労働生産性の向上に資する省力樹形の導入、優良苗木・花粉の安定確保、放任園地の発生防止、加工原料用果実の安定供給等の取組を支援します。
また、労働生産性を抜本的に高めたモデル産地を育成するため、まとまった面積での省力樹形・機械作業体系の導入と併せて、早期成園化や成園化までの経営の継続・発展に係る取組を一体的に支援します。 

<関連資料>

令和2年度


      令和2年度災害対策

      令和元年度災害対策

 (参考)
  29年度予算PR版(PDF : 426KB)
  30年度予算PR版(PDF : 678KB)
  31年度予算PR版(PDF : 475KB)

災害等による被災果樹園への支援対策

災害等による被害を受けた果樹園を再生する際の改植と、改植に伴う未収益期間に必要な経費に対して支援します。

<関連資料>

令和2年7月豪雨に関する情報

令和元年8月から9月の前線に伴う大雨(台風第10号、第13号、及び17号の暴風雨を含む。)、台風第19号等に関する情報

平成30年7月豪雨に関する情報


キウイフルーツかいよう病の新系統(Psa3系統)の発生について(平成26年6月16日)


令和2年産うんしゅうみかん及びりんごの予想生産量等について NEWアイコン

「うんしゅうみかんにおける高品質果実の安定生産・出荷の実施のための取組及び令和2年産うんしゅうみかんの予想生産量について」(PDF : 68KB)

「りんごにおける高品質果実の安定生産・出荷の実施のための取組及び令和2年産りんごの予想生産量について」(PDF:60KB)

果実の消費拡大

毎日くだもの200グラム運動を実施します!

旬の果実の情報、果実を使ったレシピを紹介中!!!

〇農業団体では果実、野菜等の消費拡大に取り組んでいます!

JAグループでは、新型コロナウイルスの発生により大きな影響を受けている和牛、牛乳乳製品、花き、果実等の消費回復・拡大を図るための新たな取組を開始し、そのなかで通販サイト「JAタウン」に専用ページ「おうちごはん」を新たに開設し、果実、野菜等の消費拡大の取組を進めています。

  ◎JAグループによる通販サイト「JAタウン」はこちら(外部リンク)

果実の輸出促進

日本産果実マーク、輸出実行プラン、その他輸出促進対策、生鮮果実の輸出実績

果樹の豆知識

果樹に関する統計データ

栽培面積、収穫量、出荷量 等

外部リンク

関係する研究機関、団体、地方農政局、都道府県、都道府県の果樹農業振興計画

お問合せ先

生産局園芸作物課

代表:03-3502-8111(内線4793)
ダイヤルイン:03-3502-5957
FAX:03-3502-0889

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader