このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

クロピラリド関連情報

クロピラリドによる園芸作物等の生育障害に関する情報

1.クロピラリドによる生育障害

○クロピラリドは、米国、豪州、カナダ等で牧草などの生産に使用されている除草剤で、家畜や人に対する毒性は低く、健康に影響を及ぼす可能性は低いと考えられますが、トマト、ピーマン等のナス科作物やスイートピー等のマメ科作物などは耐性が弱いとされるため、これらの作物に対し、輸入粗飼料を給与した家畜の排せつ物由来の堆肥を使用した場合、生育障害を起こす可能性がありますので注意が必要です。

clopyralid.png


農林水産省では、クロピラリドによる被害を回避するため、粗飼料輸入業者に対し、クロピラリドの残留可能性の低い粗飼料の輸入・販売に努めるよう働きかけを行っています。また、クロピラリドが残留している可能性の有無や堆肥施用上の留意事項について、川上である粗飼料輸入・販売業者から畜産農家へ、更に堆肥製造業・販売業者等を通じて、堆肥のエンドユーザーである園芸農家まで正確な情報を確実に伝達し、栽培する作物に応じた適切な対応を行って頂くことなどを内容とした取組について、都道府県や関係団体等を通じ推進を図っているところです。


クロピラリドについて(PDF : 138KB)

2.農林水産省が実施する対策

「牛ふん堆肥中のクロピラリドが原因と疑われる園芸作物等の生育障害の発生への対応について」(平成28年12月27日)(PDF : 601KB)
    ※農林水産省では、クロピラリドによる生育障害を回避するため、関係者の皆様へ向け、リーフレットを作成しました。

畜産農家の皆様へ(PDF : 215KB)
堆肥製造・販売業者の皆様へ(PDF : 206KB)

培土製造・販売業者の皆様へ(PDF : 207KB)
耕種農家の皆様へ(PDF : 317KB)


「輸入粗飼料中に残留したクロピラリドが原因と疑われる園芸作物等の生育障害への対応について」(平成28年12月27日)(PDF : 525KB

堆肥中クロピラリドの高感度分析法の開発(PDF : 202KB)


クロピラリド残留濃度の実態把握
      飼料及び堆肥の段階において、クロピラリド残留濃度の実態を把握するための調査を実施

3.被害対策マニュアル

「飼料及び堆肥に残留する除草剤の簡易判定法と被害軽減対策マニュアル」[外部リンク]

クロピラリド障害の症状に関する画像データライブラリーについて[外部リンク]

4.クロピラリドによる生育障害に関するQ&A

皆様からよくあるご質問をQ&Aにしました。

 クロピラリドによる生育障害に関するQ&A(PDF : 261KB)

お問合せ先

(これまでの被害報告及び全体概要について)
生産局農業環境対策課(土壌環境保全班)
ダイヤルイン:03-3502-5956

(牛ふん堆肥について)
<堆肥センター関係>
消費・安全局農産安全管理課(肥料企画班)
ダイヤルイン:03-3502-5968
<畜産農家関係>
生産局畜産部畜産振興課環境計画班)
ダイヤルイン:03-6744-7189

(培土について)
生産局技術普及課(資材効率利用推進班)
ダイヤルイン:03-6744-2435

(個別品目について)
<野菜関係>
生産局園芸作物課(園芸生産第2班)
ダイヤルイン:03-6738-7423
<花き関係>
生産局園芸作物課花き産業・施設園芸振興室(花き振興第1班)
ダイヤルイン:03-6738-6162

(輸入粗飼料について)
<残留濃度の実態把握について>
消費・安全局畜水産安全管理課(飼料安全基準班)
ダイヤルイン:03-6744-1708
<流通等について>
生産局飼料課(需給対策第1班)
ダイヤルイン:03-3591-6745

(堆肥中クロピラリドの高感度分析法の開発、被害対策マニュアルについて)
農林水産技術会議事務局研究統括官室
ダイヤルイン:03-6744-2214

(地方農政局等)
北海道農政事務所
生産経営産業部生産支援課
011-330-8807

東北農政局
生産部生産技術環境課
022-221-6214

関東農政局
生産部生産技術環境課
048-740-0446

北陸農政局
生産部生産技術環境課
076-232-4131

東海農政局
生産部生産技術環境課
052-746-1313

近畿農政局
生産部生産技術環境課
075-414-9722

中国四国農政局
生産部生産技術環境課
086-224-4511(内線2417)

九州農政局
生産部生産技術環境課
096-300-6267

内閣府沖縄総合事務局
農林水産部生産振興課
098-866-1653

 

 

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader