このページの本文へ移動

農林水産省

こよみを知る

くらしのこよみ

水辺に花菖蒲が美しく咲く頃です。平安文学などにアヤメと書かれたのは、端午の節句の菖蒲湯(しょうぶゆ)にその葉を使うサトイモ科のショウブのことでした。やがて、アヤメといえば今のアヤメ科のアヤメをさすようになり、江戸時代に園芸品種として花菖蒲も登場しました。アヤメと同属の燕子花(かきつばた)とは、「いずれあやめか燕子花」という言葉どおり、非常に見分けがつきにくいです。
©うつくしいくらしかた研究所

メニュー

政策

組織別から探す