このページの本文へ移動

農林水産省

こよみを知る

くらしのこよみ

初夏になると、秋のうちに草の茎や人家の外壁などに生みつけられた卵から、蟷螂の幼虫が孵化(ふか)します。蟷螂は一生の間に大量の小昆虫や、まれに蛙などまで捕食します。交尾時には、雌(めす)の肉食性が高いあまり、雄(おす)を食い殺してしまうようなこともあるので、古来、男性をたぶらかす魔性の女性の喩(たと)えにもされてきました。
©うつくしいくらしかた研究所

メニュー

政策

組織別から探す