このページの本文へ移動

農林水産省

こよみを知る

くらしのこよみ

夏至から数えて11日目を半夏生(はんげしょう)といい、語源は烏柄杓(からすびしゃく、別名「半夏」)が咲く頃だからとも、半夏生の名をもつ草の葉が白く染まる頃だからともいわれます。農作業の大事な節目で、かつて田植えは半夏生までに済ませるものでした。酒肉を禁じ野菜を摂らないなど、物忌(ものいみ)も多かったようです。この頃降る雨を「半夏雨」といい、大雨になるとされています。
©うつくしいくらしかた研究所

メニュー

政策

組織別から探す