このページの本文へ移動

農林水産省

こよみを知る

くらしのこよみ

橘の実が黄色く色づく頃です。橘とは、古代日本では柑橘(かんきつ)類の総称で、文献に見られるさまざまな「橘」は、いろいろなミカン類を合わせてこう呼んでいたと考えられます。京都御所・紫宸殿(ししんでん)前の「右近の橘」は、日本原産の柑橘類とされるヤマトタチバナ種で、文化勲章はこの花をかたどっています。
©うつくしいくらしかた研究所

メニュー

政策

組織別から探す