このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

国際果実野菜年2021(International Year of Fruits and Vegetables 2021)

2021年は、果実と野菜の摂取による栄養と健康上の利点等に対する世界的な認識を高めることを目的に、国際連合が定めた国際果実野菜年(International Year of Fruits and Vegetables:IYFV2021)です。

この国際果実野菜年という貴重な機会に、果実や野菜を毎日の食生活に取り入れることの重要性などを一緒に考えてみませんか。


国際果実野菜年2021(英語版)
(日本語版は準備が出来次第掲載いたします。)

最新情報

国際果実野菜年2021について

2021年を「国際果実野菜年(International Year of Fruits and Vegetables:IYFV2021)」とすることが2019年12月に開催された第74回国連総会にて採択されました。

国連は、果実と野菜が人間の栄養、食料安全保障、健康、そして持続可能な開発目標(SDGs)に果たす重要な役割について、意識啓発を行うための貴重な機会としています。

国際野菜果実年が採択された背景


国連は、持続可能な開発目標(SDGs)の中で2030年までに饑餓人口をゼロにする目標を掲げていますが、2019年の飢餓人口は6億9000万人に達し、2020年内にさらに8300万人~1億3200万人が飢餓に陥る可能性があると予想(注1)されています。一方、1975年以降世界の肥満人口は約3倍(注2)になっており、肥満は先進国及び発展途上国問わず、糖尿病、高血圧、脳卒中、がんなどの生活習慣病の主要な危険因子となっています。

果実や野菜は食物繊維、ビタミン、ミネラル等を多く含み、生活習慣病を予防するために重要な供給源ですが、先進国でも成人一人当たりの平均摂取量は必要量に達していません。また、世界の果実や野菜の生産量は世界人口を養うだけの量はあるものの、先進国では消費の過程で、発展途上国では流通の過程で、ロス又は廃棄となり食されていません(注1)。 

このような状況を背景に、国連は「国際果実野菜年2021」を採択し、果実と野菜の重要性をしってもらうことやロス・廃棄を減らすこと等を目的に様々な周知活動が行われる予定です。

注1:FAO「世界の食料安全保障と栄養の現状2020年報告」

注2:WHO「WHO Fact sheets Detail」

国際果実野菜年2021の目的

1) 果実と野菜の摂取による栄養と健康上の利点について、その認識を高め、また政策的関心を高める。

2) 果実や野菜の消費を通じて、多様でバランスの取れた健康的な食事とライフスタイルを促進する。

3) 食料システムにおける果実と野菜の食料ロス・廃棄を減らす。

4) 以下に関する最良事例の共有:

  • 持続可能な食料システムに貢献する、果実・野菜の消費と生産の促進。
  • 保存、輸送、貿易、加工、調理、小売、廃棄削減、リサイクル、およびこれらの段階間の相互作用における持続可能性の向上。
  • 家族農家を含む小規模農家の、果実・野菜の持続可能な生産と消費のための各国、地域、世界的な生産活動とバリューチェーン・サプライチェーンへの統合。(果実・野菜は、その多様な品種や在来種の役割を含み、小規模農家の食料安全保障や栄養、生計および収入に貢献している。)
  • すべての国、特に開発途上国が、果実・野菜の食料ロス・廃棄と闘うための革新的手法と技術を導入する能力を強化する。

持続可能な開発目標(SDGs)との関係

持続可能な開発目標(SDGs)とは、 2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」 にて記載された2016年から2030年までの国際目標です。 「国際果実野菜年2021」は、以下の11のゴール達成に貢献しています。


ビジュアルアイデンティティ


IYFV2021日本語ロゴ(縦) IYFV2021英語ロゴ(縦)
IYFV日本語ロゴ(横)
IYFV2021英語ロゴ(横)
IYFV2021英語ポスター
(日本語版は準備が出来次第掲載いたします。)

農林水産省の取組

(ア)専用ホームページの開設
国連の「国際果実野菜年2021」の取組を紹介するとともに、農林水産省の取組を紹介するホームページを開設。

(イ)オフィシャルサポーター制度の創設
趣旨に賛同する企業、団体等を「オフィシャルサポーター」として認定するとともに、ホームページでサポーターの活動を紹介。

(ウ)野菜・果実のおすすめレシピ・食べ方の募集・紹介(6月以降予定)
果実・野菜の素材を活かした手軽で健康的な食べ方を広く一般に募集し、ホームページで紹介。

(エ)WEBシンポジウム(8月以降予定)
果実・野菜が持つ機能性等をテーマにWEBによるシンポジウムを配信。




オフィシャルサポーター

国際果実野菜年という貴重な機会を捉え、国内において果実や野菜を毎日の食生活に取り入れることの重要性等を、企業、団体等の多様な関係者とともに幅広く周知するため、「国際果実野菜年2021」オフィシャルサポーターとして認定する制度を実施しています。

詳しくは、こちらをご覧ください。

実施内容

オフィシャルサポーターを認定し、サポーターが実施した取組をホームページ等で紹介します。

オフィシャルサポーターとして認定された企業等に、次のいずれかの取組を実施いただきます。
(1)企業等のホームページ、SNS、広報誌、ポスター等への情報掲載
(2)果実・野菜に関する広報資料の配布・掲示、アナウンス等
(3)各種イベント、セミナー、学会、講座、研修等での紹介
(4)その他、果実や野菜に関する栄養・機能性成分、健康的な食生活、食品ロス削減を考慮した食料システム、持続可能な生産技術等について周知する活動

オフィシャルサポーターの申請・実績報告

申請様式:オフィシャルサポーターの申請に当たっては、上記「実施内容」に記載する取組の案を「オフィシャルサポーター申請書」(WORD : 24KB)に記入の上、下記提出先E-mailアドレスに御提出ください。

提出先:iyfv_2021@maff.go.jp
期間:2021年5月20日~12月10日

「「国際果実野菜年2021」オフィシャルサポーター制度実施規約」(PDF : 743KB)に基づき、オフィシャルサポーターとして認定します。

サポーター認定後、オフィシャルサポーター実績報告書(WORD : 19KB)にて御提出いただいた活動内容も随時ご紹介いたします。

オフィシャルサポーターのご紹介(五十音順)

「国際果実野菜年2021」オフィシャルサポーターは現在、以下の企業・団体様にご協力・ご参画いただいております。
なお、以下の各社のロゴのリンク先のページには、サポーターの各社にいただいた情報をそのまま掲載しております。掲載内容についてのご照会は各社にお問い合わせください。



カゴメ
株式会社
こと京都
株式会社
ビオサケ
ダイニング
リンリン
JAみい Japan Fruits
(株式会社JTB)
児童環境
育成協会
中央果実協会 日本青果物
輸出促進
協議会
農畜産業
振興機構
ファイブ・ア・デイ
協会
プレジール
株式会社
ヤンマーアグリジャパン
株式会社

ヤンマーグリーン
システム株式会社


おすすめレシピ・食べ方

皆様から応募のあった健康的な食事に欠かせない野菜・果実のレシピ・食べ方をご紹介いたします。

1.募集の概要

(1)募集対象

「果物や野菜を使った一般家庭で作ること・食べることができるおすすめレシピ・食べ方」

<対象となるもの>
応募者のアイデアで創作したもの(注1)。
応募者以外のアイデアであるものの広く一般に知られておらず(注2)、多くの人におすすめしたいもの(例:地域食や郷土料理などであって、他地域には馴染みのないもの。注1)。

注1:定番料理をアレンジしたもの、インターネット等で公表済みのもの、食材を無駄なく使うことができるもの、食べ切れなかった料理を作り替えたものなども含みます。
注2:「広く一般に知られておらず」の判断は応募者に委ねます。

<対象とならないもの>
広く一般に知られているレシピ・食べ方(定番の材料、作り方であるもの。)。

(2)応募条件

1人最大10品まで、どなたでもご応募いただけます。11品以上の応募を希望される場合は事務局にご相談ください。

(3)募集期間

令和3年6月4日(金曜日)から令和3年8月31日(火曜日)

(4)応募方法

募集期間内に下添の応募用紙に必要事項を記入し、料理の完成写真を添付して、次の宛先までメールでご応募ください。
宛先:iyfv_2021@maff.go.jp
なお、添付いただく応募用紙及び写真を含めて6メガバイト以内としてください。

2.応募内容の審査

事務局は「1.募集の概要」の(1)に照らして次の観点から内容を審査します。

(ア)正確性:応募内容が正確に記載されているか(材料、作り方の手順、料理写真)
(イ)見栄え:彩り、盛り付け(器やマットなども含む)の見栄えは良いか
(ウ)汎用性:多くの方にとって食べやすい料理か(味つけ、素材、柔らかさなど)
(エ)独創性:アイデアの斬新さはあるか、作品名に工夫はあるか
(オ)普及性:材料の入手や調理はしやすいか

おすすめレシピ・食べ方の募集についての詳細はこちらからご確認ください。

WEBシンポジウム

果実・野菜が持つ機能性等をテーマに、WEBによるシンポジウムを8月以降に配信する予定です。
準備が出来次第配信いたします。



資料・パンフレット

消費者向け

野菜をめぐる情勢(PDF : 1,612KB)
野菜の需給動向や価格の推移、国が行っている支援対策事業等、野菜にまつわる様々な情報をまとめた資料です。
果樹をめぐる情勢(全体版)(PDF : 4,723KB)
分割1(PDF : 675KB) 分割2(PDF : 2,053KB) 分割3(PDF : 1,089KB) 分割4(PDF : 1,255KB) 分割5(PDF : 1,734KB) 分割6(PDF : 631KB)
果樹の生産、消費、流通・加工、輸出入、需給に関する様々な情報をまとめた資料です。
(発行:農林水産省) (発行:農林水産省)
野菜ブック(外部リンク)
野菜の特性等について理解を深めるとともに、食や農に関する知識を得て、健康的な食生活が実践できるような参考書としてご活用ください。
ベジ探(外部リンク)
野菜の価格動向や輸出入動向、生産出荷情報、産地・作柄情報など野菜にまつわるあらゆる情報をまとめたサイトです。
(リンク先:独立行政法人 農畜産業振興機構HP) (リンク先:独立行政法人 農畜産業振興機構HP)
果物が好き!になるパンフレット(PDF : 1,253KB)
消費者の皆さんの果物に対する誤解を解き、心おきなく安心して食べていただくための最新情報を集めたパンフレットです。
果物が好き!になるパンフレット資料編(全体版)(PDF : 4,353KB)
分割1(PDF : 1,139KB)分割2(PDF : 3,657KB)
果物が好き!になるパンフレットよりも詳しい内容をまとめた資料です。
(発行:公益財団法人 中央果実協会) (発行:公益財団法人 中央果実協会)
毎日くだもの200グラム運動指針9訂版(全体版)(PDF : 5,384KB)
分割1(PDF : 2,038KB)分割2(PDF : 2,038KB) 分割3(PDF : 2,027KB)分割4(PDF : 2,046KB) 分割5(PDF : 759KB)
「毎日くだもの200グラム運動」の指針であり、運動の趣旨をはじめ、くだものの健康機能性や栄養素等についての詳しい解説が専門家向けに記されています。
FACT BOOK 果物と健康6訂版(PDF : 2,614KB)
食事バランスガイドにおけるくだものの位置づけや、くだものに関する健康効果を詳しく解説した冊子です。
「毎日くだもの200グラム」運動指針を元に図表を入れて見やすくしました。
(発行:公益財団法人 中央果実協会) (発行:公益財団法人 中央果実協会)
くだもの200グラムってどのくらい?(PDF : 142KB)
国が定めた「食事バランスガイド」では、果物を1日200グラム摂ることを勧めています。実際に200グラムがどのくらいの量なのか確認しましょう。
(発行:公益財団法人 中央果実協会)

お子様向け

野菜が育つ家庭や栽培方法、野菜のはたらき等を
わかりやすくまとめた学習サイトです。
https://vegetable.alic.go.jp/yasainohimitu/index.htm
(リンク先:独立行政法人 農畜産業振興機構HP)
野菜づくりの基本や各品目の特性とあわせて
品目毎の料理をまとめたサイトです。
https://vegetable.alic.go.jp/yasaidukuri/
(リンク先:独立行政法人 農畜産業振興機構HP)

みんな大好き!日本のくだもの(全体版)(PDF : 12,687KB)
分割1(PDF : 1,560KB)分割2(PDF : 1,710KB)分割3(PDF : 1,599KB)
分割4(PDF : 1,535KB)分割5(PDF : 970KB)分割6(PDF : 2,079KB)
分割7(PDF : 2,018KB)分割8(PDF : 1,731KB)分割9(PDF : 1,453KB)
分割10(PDF : 1,927KB)分割11(PDF : 1,790KB)
果物の品目ごとの歴史や産地、品種などの情報をまとめた食育副読本です。
(発行:全国柑橘消費拡大協議会、全国落葉果樹消費拡大協議会)

関連サイト

お問合せ先

生産局園芸作物課流通加工対策室

担当者:野島、髙畑、廣瀬
代表:03-3502-8111(内線4791)
ダイヤルイン:03-3502-5958
FAX番号:03-3502-0889

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader