このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

水管理システム


【概要】

  • 圃場の水位・水温等を各種センサーで自動測定し、スマートフォン等においていつでもどこでも確認が可能
  • 給水口等の遠隔操作や、農業者による設定値に基づく自動制御が可能な製品も存在

【導入のメリット】

  • 圃場の見回り作業が大幅に省力化(水管理に要する時間が80%減少)
  • 水位が下がった時や、低温・高温の時は、スマートフォンに警告が送られ迅速な対応が可能

【価格帯】(目安)
初期費用:80万円~300万円






  • 以下、スマート農業の普及に向けて、当該技術における代表的な製品やサービス(過去に農林水産省が開催したスマート農業関係イベントに出展いただいた製品等)をご紹介しています。全てのスマート農業関連製品を網羅しているわけではないこと、また、製品やサービスの効果等を農林水産省が確認・認定したものではないこと、ご了承願います。
  • 各製品紹介欄の「企業名」「Youtube」「Facebook」をクリックすると、それぞれ各企業のWebサイト、Youtube、Facebookの各製品掲載ページにアクセスします(外部リンク)。


1.(株)AmaterZ


(株)AmaterZ


2.住友商事(株)/(株)ナイルワークス/(株)インターネットイニシアティブ


住友商事(株)/ナイルワークス(株)/インターネットイニシアティブ


3.(株)エスイーシー


(株)エスイーシー

4.(株)笑農和( YouTube Twitter)


(株)笑農和

5.(株)クボタケミックス (YouTube)


(株)クボタケミックス

6.積水化学工業(株) 


積水化学工業(株)

7.(株)セラク 


(株)セラク

8.ソフトバンク(株) 


ソフトバンク(株)

9.ニシム電子工業(株) (YouTube Facebook)


ニシム電子工業(株)

10.ハイパーアグリ(株) (YouTube)


ハイパーアグリ(株)

11.(株)ぶらんこ (YouTube)


(株)ぶらんこ

12.ベジタリア(株) 


ベジタリア(株)



他のカテゴリーはこちらから




トップページに戻るときはこちらから

トップ写真

お問合せ先

農産局技術普及課

新技術担当班
代表:03-3502-8111(内線4799)
ダイヤルイン:03-6744-2218
FAX番号:03-3597-0142