このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

スマート農業推進フォーラム2020(露地野菜)


↑こちらからジャンプできます↑

スマート農業実証プロジェクト地区


東北
おとべ農産(同) (青森県東北町)

【課題名】上北地域大規模露地野菜経営の省力化技術体系の実証

【実証作目・面積】ながいも、キャベツ、だいこん、ごぼう(20ha)

【技術】1.ロボットトラクタ、2.自動操舵トラクタ、3.ワイドスプレッダ、4.自動車速制御装置・静電ノズル付きブームスプレイヤ


(株)アンドファーム(岩手県岩手町)

【課題名】中山間地域の土地利用型野菜輪作体系における省力性・生産性向上に向けたスマート農業技術一貫体系の実証

【実証作目・面積】キャベツ、だいこん、ながいも(25ha)

【技術】1.営農支援システム、2.自動操舵システム、3.畦立同時二段局所施肥機、4.モニタリング用マルチロータ、5.防除用マルチロータ、6.アシストスーツなど


(株) 沼澤農園(山形県尾花沢市)

【課題名】スマート農業技術によるすいか生産イノベーションプロジェクト

【実証作目・面積】スイカ(1ha)

【技術】1.自動操舵システムを利用した畝立て等の多工程同時作業、2.省力多収整枝技術、3.病害発生予察システム、4.自動操舵システムを利用したブームスプレーヤ防除、5.アシストスーツ、6.出荷予測システム、7.作業・コスト一元管理システム



関東甲信・静岡
(株)美土里農園ほか(栃木県茂木町)

【課題名】小型自律多機能ロボット「MY DONKEY」を用いた中山間地域におけるナスの機械化一貫体系の実証

【実証作目・面積】ナス(計15a)

【技術】1.MY DONKEY、2.フィールドサーバ+各種センサ、3.アグリノート

(有)トップリバー(長野県御代田町)

【課題名】データを活用した農業経営をモデル化し、データに基づき安定的に収益をあげることができる次世代農業人(スマートファーマ―)育成の実証

【実証作目・面積】レタス、キャベツ(9ha)

【技術】1.計画作成支援、2.作業実績/生育状況管理、3.受発注管理/需給調整、4.農業経営バックオフィス(会計/人事労務)、5.生産者評価



中国・四国
(株)vegeta(広島県庄原市)

【課題名】広島型キャベツ100ha経営スマート農業化プロジェクト

【実証作目・面積】キャベツ(100ha(高標高地実証圃場:1.2ha 中標高地実証圃場:1.3ha))

【技術】1.経営管理システム、2.苗管理システム、3.自動操舵トラクタ、4.GPS 連動施肥中耕機、5.収穫時期予測システム、6.収量予測システム、7.全自動収穫機、8.マルチロータ、9.収量コンバイン、10.不陸解析システム、11.自動水門管理、12.自走型灌水装置、13.遠隔監視モニタ


(株)尾野農園 (香川県善通寺市)

【課題名】都市近郊小面積多筆数水田での加工業務用葉ネギ栽培のスマート実証農場

【実証作目・面積】葉ネギ(10ha)

【技術】1.自動操舵システム、2.ネギ計画出荷支援システム、3.加工業務用ネギ収穫機、4.ドローンセンシングによる生育把握と施肥



九州・沖縄
(株)オーエス豊後大野ファーム(大分県豊後大野市)

【課題名】白ねぎ大規模経営体における大苗定植と省力機械の導入による新たな効率的生産体系の実証

【実証作目・面積】白ネギ(5ha)

【技術】1.大苗育苗技術、2.直進アシストトラクタを用いた2連同時定植、3.乗用管理機による3畝同時処理技術、4.ドローン画像撮影、5.ラジコン式草刈り機   など


(株)ジェイエイフーズみやざき(宮崎県西都市)

【課題名】加工業務向け露地野菜における機械化・分業化一貫体系のほうれん草モデル   ブラッシュアップと水平展開の実証

【実証作目・面積】ほうれん草、キャベツ、にんじん(103ha)

【技術】1.生産管理システムの改良、2.データの蓄積・解析等、3.最先端農機を活用した省力化等、4.ドローンを活用した技術体系の確立、5.環境センサの実証、6.収穫機改良と現場実証


(有)新福青果(宮崎県都城市)

【課題名】多様な人材が集う農業法人経営による全員参画型のスマート農業技術体系( 大規模露地野菜複合経営)の実証

【実証作目・面積】ごぼう、にんじん、ジャガイモ、さといも、らっきょう(18ha)

【技術】1.ロボットトラクタ、2.自動操舵補助トラクタ、3.草刈りロボット、4.ドローンを用いたほ場管理技術、5.ほ場内運搬技術、6.農業現場に丸投げしないデータ管理システム




スマート農業技術に関する研究成果

50mメッシュ精密気象データを用いたキャベツの出荷予測システム

中山間地域の複雑な地形に対応できる50mメッシュ精密気象データを用いて、キャベツの葉齢進展モデルとの組み合わせによって収穫時期を予測することで、収穫作業や出荷計画の策定等を支援するシステムを開発しました。

高速で高精度に施肥が行える畝立て同時二段局所施肥機

傾斜のあるほ場でも車速に連動した精度の高い施肥を行い、キャベツの生育に効果的な局所施肥を畝内二段の位置に行うことできる野菜用の高速局所施肥機を開発しました。



コンテンツ




トップページに戻るときはこちらから

トップ写真

お問合せ先

農林水産技術会議事務局研究推進課

(スマート農業実証プロジェクト(令和元年度採択課題)の成果の紹介)
担当者:先端技術実装班

代表:03-3502-8111(内線5891)
ダイヤルイン:03-3502-7438
FAX番号:03-3593-2209

大臣官房政策課技術政策室

(スマート農業技術に関する最新の研究成果の紹介)
担当者:推進班
代表:03-3502-8111(内線3127)
ダイヤルイン:03-6744-0408
FAX番号:03-6744-0204