このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

スマート農業推進フォーラム2020(果樹)


↑こちらからジャンプできます↑

スマート農業実証プロジェクト地区


東北
仙台ターミナルビル(株)荒井事業所(宮城県仙台市)

【課題名】企業による直売型果樹園経営におけるスマート農業生産体系の実証

【実証作目・面積】リンゴ、ニホンナシ、ブドウ(4.5ha)

【技術】1.経営・栽培管理システム、2.生育予測、3.スマート樹形、4.スマート農機(リモコン式草刈り機、農作業支援ロボット台車、アシストスーツ)、5.非破壊選果



関東甲信・静岡
JAフルーツ山梨(山梨県甲州市・山梨市)

【課題名】IoT 及びドローンを活用したブドウ栽培技術体系の実証

【実証作目・面積】ブドウ(0.76ha)

【技術】1.ドローン、2.リモコン式自走草刈機、3.作業記録システム、4.遠隔操作可能なハウス内複合環境制御システム   など


(株)ジャパンプレミアムヴィンヤード(山梨県中央市)

【課題名】山梨県における醸造ぶどう栽培のスマート農業一貫体系の実証

【実証作目・面積】ブドウ(3ha)

【技術】1.栽培管理アプリケーション、2.ロボット「MY DONKEY」、3.簡易気象計・土壌センサ、4.点滴潅水、5.根圏制御栽培、6.画像認識、7.生育シミュレーション



東海
(株)オレンジアグリ、(有)すぎもと農園(三重県御浜町)

【課題名】中山間地域における労働力不足の克服と気候変動に適応した省力的高品質産地生産技術の実証

【実証作目・面積】柑橘類(4.1ha)

【技術】1.輸出に対応した高精度選果システム、2.温州みかん個別包装技術、3.除草・防除の自動化技術、4.プレ選果機による一次生産データ収集と営農指導支援システムの連動による効率的営農支援、5.気象観測装置(ウェザーステーション)と連動した多目的スプリンクラー活用による精密栽培管理(1.2.は輸出関連)



近畿
(農)赤松ハウス柿生産組合ほか(奈良県下市町、五條市)

【課題名】先端技術導入による中山間地域の特産品生産スマート化への展開

【実証作目・面積】柿(2ha)

【技術】1.アシストスーツ・遠隔制御運搬車、2.遠隔制御除草機、3.遠隔制御噴霧器、4.生育環境モニタリングシステム   など


森川農園、井澗農園(和歌山県みなべ町、上富田町)

【課題名】ウメ専作およびミカンとの複合経営におけるスマート作業体系の実証

【実証作目・面積】ウメ、ミカン(95a)

【技術】1.自走式草刈機、2.自動かん水装置、3.自走式運搬車、4.パワーアシストスーツ、5.農薬散布用ドローン   など



中国・四国
松岡農園、(株)ルーチャード、山彦農園(広島県大崎上島町)

【課題名】レモンにおけるスマート農業機械等の一貫作業体系の実証

【実証作目・面積】レモン(0.95ha)

【技術】1.経営管理システム、2.AI 搭載自動かん水システム、3.土壌水分見える化システム、4.電動リモコン式草刈機、5.油圧式&充電式せん定機、6.マルチロータ、7.農地環境推定システム、8.アシストスーツ


JAにしうわスマート農業研究会(愛媛県八幡浜市)

【課題名】未来型柑橘生産に向けたAI等先端技術の導入によるスマート営農体系の実証

【実証作目・面積】ミカン(1.3ha)

【技術】1.気象ロボット、2.アシストスーツ、3.AI選果機、4.経営・栽培管理システム



九州・沖縄
ながさき西海農協させぼ広域かんきつ部会(長崎県佐世保市)

【課題名】温州みかんの生産から出荷をデータ駆動でつなぐスマート農業技術一貫体系の実証

【実証作目・面積】温州ミカン(389ha)

【技術】1.NEC 営農指導支援システム、2.農地環境推定システムを活用したマルドリ栽培、3.ロボット搭載型プレ選果システム、4.遠隔監視、制御型予措・貯蔵システム





スマート農業技術に関する研究成果

土壌水分見える化システム

簡易土壌水分計は、カンキツが受けている乾燥ストレスを水位の低下量として測定します。土壌水分見える化システムは、簡易土壌水分計の水位を自動計測し、計測したデータをウェブ上に公開することにより、産地全体で情報を共有します。


AIによる温州みかん糖度予測手法を開発

前年までに蓄積された糖度データと気象データから、当年の出荷時糖度を地域・品種別に予測可能な品質予測AIを開発し、長崎県のJAながさき西海からデータ提供を受け、手法の検証を行いました。



コンテンツ




トップページに戻るときはこちらから

トップ写真

お問合せ先

農林水産技術会議事務局研究推進課

(スマート農業実証プロジェクト(令和元年度採択課題)の成果の紹介)
担当者:先端技術実装班

代表:03-3502-8111(内線5891)
ダイヤルイン:03-3502-7438
FAX番号:03-3593-2209

大臣官房政策課技術政策室

(スマート農業技術に関する最新の研究成果の紹介)
担当者:推進班
代表:03-3502-8111(内線3127)
ダイヤルイン:03-6744-0408
FAX番号:03-6744-0204