このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

その3:お米の自給率

1.はじめに


前回まで食料自給率の全体的なお話をしました。次は個別の品目についてお話をしていきたいと思います。
まずは何と言ってもお米ではないでしょうか。お米の自給率はほぼ100%で、我が国の食料自給率に占める割合も大きいです。日本人にとってお米は食料安全保障の要とも言えます。

しかし、歴史をさかのぼるとお米が国内で自給できずに輸入に頼らざるを得なかった時代もありました。お米の自給率から歴史を紐解くと新たな発見があるかもしれません。

2.お米が経済を回していた時代 ~江戸時代~

現代では、国の経済の規模はお金で表し、給料も税金もお金で支払われますが、江戸時代にはお米がその役割を担っていました。
「加賀百万石」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。領地の経済規模はお米の単位「1石(こく)」(≒150kg)の価値に換算して表されていました。1石は、当時1人が1年間に食べるお米の量とされていました。

また、お米1石が収穫できる田んぼの面積が「1反(たん)」(≒10a(アール))とされていました。1反の田んぼがあれば1人が1年間に食べるお米が確保できるということで、どれだけの田んぼが領地にあれば何人養えるかが大体わかるということになります。自給率の考えに似ているところがありますね。

江戸時代は、外国との貿易が限られていたのでお米の自給率はほぼ100%だったと考えられます。大規模な新田開発によって耕地面積は1600年頃から1720年頃にかけて1.3~1.8倍に増えたと言われており、耕地が増加した分、多くの人口を養えるようになりました。1600年頃に1,000~2,000万人だった人口が1720年頃には3,000万人程度まで増えたと言われています(*1)

一方で、災害や異常気象によるお米の不作が原因となって幾度にわたり大飢饉が起きた時代でもありました。大飢饉の経験を踏まえてお米の備蓄やかんしょ(サツマイモ)の栽培が奨励されたことは、現代の食料安全保障に通じるものがあります。

3. 花形輸出品だったお米 ~明治時代前期~

明治時代に入り、新政府は、外貨獲得のため殖産興業と貿易促進に力を入れていましたが、生糸やお茶に並んで重要輸出品に位置付けられていたのが実はお米です。お米が最も盛んに輸出されていたのは神戸港で、明治11(1878)年と明治21(1888)年にお茶を抜いてお米が輸出額第1位になっています(*2)

どのくらいのお米が輸出されていたのでしょうか。当時の政府文書によれば、明治12(1879)年~明治21(1888)年の十年間の平均で、酒造用を除いた国内消費量3,129万石(約470万トン)に対して34万石(約5万トン)が輸出されていました(*3)

輸出先は、主に英国、ドイツ、フランス、イタリアなどの欧州で、日本産米は品質が高く評価されていました。欧州でもイタリアやスペインを中心にお米が生産されており米料理を食べる文化があったのです。

明治時代に入って海外に輸出するようになったきっかけは、連年の豊作で米価が暴落したことでしたが、やがて外貨獲得の手段としても政府が自ら欧州での販売状況を情報収集し、産地でも輸出向けの品質改善に取り組みました(*4)
このように、明治時代前期はお米を海外に輸出して自給率が100%を超えていたのです。

(図1)明治時代のお米の需給と輸出

(図1)明治時代のお米の需要と輸出

4. 輸出国から輸入国へ ~明治時代後期~

お米の輸出国から輸入国への転換はあるとき突然やってきました。

お米の輸出量が過去最大となった年の翌年、明治22(1889)年に暴風雨による水害で収穫量が前三か年平均の85%まで落ち込むと、米価が暴騰し、翌年には不足分を賄うため193万石(約29万トン)のお米を輸入することになりました(*5)。米価高騰は簡単には収まらず、富山を始め各地で米騒動が起こり都市部では餓死者が出ました(*6)

(図2)お米の輸入量の推移
(図2)お米の輸入量の推移

明治の初年からお米の輸入は行われていましたが、このときを境に大量の輸入がだんだんと恒常化し、盛んだった輸出は縮小していきました。

いったい何が起こったのでしょうか。原因は、人口の増加と1人当たり米消費量の増加でした。明治前期(1876~1885年)に比べて20年後(1896~1905年)には人口が1.21倍、1人当たり米消費量も1.21倍に増えたと推計されています(*7)。それまで、農村では米だけを主食とする(できる)人は少なく、米に麦・雑穀・いも等を混ぜるのが一般的で、実質の米食率は5割程度でした。好景気によって、農村の米食率が上昇するとともに米食中心だった都市の人口が増大したことで、お米の消費量はわずか20年で約1.5倍に増えたのです。

明治時代に入ってから近代的な土地改良や栽培技術の導入でお米の生産量は増加していましたが、明治25(1892)年の大蔵省主計局『米価ヲ平準二スル方案』は、生産増加だけでは人口増加に追いつかないと結論づけ、不作時の米価高騰を抑えるためにも外国からお米を輸入しやすくすべきと述べています。

人口はその後も増え続け、明治前期に3,700万人だった人口は、明治44(1911)年には5,000万人、大正15(1926)年には6,000万人を超え、昭和15(1940)年には7,200万人にまで達したのです(*1)

5. 輸入に頼らざるを得なかった時代 ~大正時代・昭和初期~


お米の自給率は、1890年代には100%を下回り、大正時代には94%、昭和初頭には85%まで下がりました(*1)。ただし、この頃、朝鮮半島・台湾のお米は、輸入ではなく「移入」とされ、当時の日本政府は、日本本土に朝鮮半島・台湾を含めた圏内での自給を目指していくことになります(前掲の自給率は、移入も輸入に含めて計算されたもの)。大正6(1917)年の輸移入は、朝鮮半島のお米が48%、台湾のお米が31%、外米(英領インド(ビルマ)、仏領インドシナ、タイ)が21%となっていました(*8)

大正7(1918)年には、二年連続の不作によって長期的に米価が高騰し、再び富山を始め各地で米騒動が起こりました。政府は、不足分を賄うため大規模な外米輸入を図ろうとしました。しかし、外米産地でも洪水や干ばつで不作が起こったことや、国内の米価高騰を抑制するため外米産地の政府が輸出制限や輸出禁止を行ったため、円滑に輸入が進まず厳しい外交交渉を強いられました(*8)

また、昭和16(1941)年に始まった太平洋戦争では、戦況の悪化とともに外米輸入のための商船が確保できなくなり、昭和18(1943)年にはお米の輸入が半減、翌年にはほぼ途絶し、日本国内の食糧不足が深刻になりました(*9)

6. 約70年ぶりの自給の達成 ~昭和中期~

昭和20(1945)年に終戦を迎えた日本は、戦争による耕地の荒廃、農業労働力不足に加え、朝鮮半島・台湾等からの輸移入に頼っていた需給構造が崩壊したため、深刻な食糧危機に直面しました。しかし、本格的にお米の輸入ができるようになったのは昭和25(1950)年以降でした。タイ、ビルマ(ミャンマー)、米国、エジプト等からお米を輸入することで国内の米不足を賄いました。

昭和27(1952)年には、10年後までに米麦の国内自給の達成を目標とする「食糧増産5ヵ年計画」を立てて生産量の増大に取り組み、昭和25(1950)年の938万トンから昭和47(1962)年の1,445万トンへと約20年で1.5倍になりました(*5)。約70年ぶりにお米の自給が達成されることとなったのです。

7. お米の消費減少と食料自給率低下 ~昭和後期から現在~

増産によりお米の自給が達成された一方で、高度経済成長によって食生活が多様化したことで、お米の一人当たり年間消費量は、昭和37(1962)年度の118.3kgをピークに減少に転じていました。

生産が需要を上回り大量の過剰在庫が発生するようになったため、昭和46(1961)年からは生産調整が本格実施されるようになり、1,200万トン前後だった生産量は、約50年で約800万トンにまで減少しました。一人当たり年間消費量も約50kgまで減りました。自給率の高いお米の消費が減ることで食料自給率(カロリーベース)は昭和40(1965)年度の73%から40%程度まで低下することとなったのです。

(図3)お米の消費量の推移(1人1年当たり)
(図3)お米の消費量の推移(1人1年当たり)

8. 食料自給率向上に向けて

我が国の地理的特徴を活かして生産されるお米は、日本の食文化を育むとともに、水田の美しい景観や伝統文化を生み出してきました。

一方、我が国の約1億3千万人の人口のうち1億人(8割)は都市部に住んでおり、農村部の人口は減少し続けています。多くの国民にとって、日々の生活の中で農業を身近に感じることが少なくなってきたのではないでしょうか。

お米など国産の農産物を消費者の皆さんに選んでいただくためには、まずは、農産物に込められた生産者の思いや創意工夫を知っていただき、農業・農村との結びつきを深めていただくことが大事だと考えています。このため、前号でも触れたように今年度から官民協働の新たな国民運動を展開していくことにしています。今後、詳しい取組内容をご紹介したいと思います。

さらに、農林水産省では、お米の消費拡大情報サイト「やっぱりごはんでしょ!」を開設し、お米・ごはんの栄養・健康面の良さに関する情報や、ごはん・米粉を使ったレシピなど幅広いコンテンツを発信しています。令和3(2021)年4月からは「ご炊こうチャレンジ!いただきMAFF!」を新たに立ち上げ、お米の魅力を伝えるユニークな動画を順次掲載しています。ぜひ一度ご覧ください。

(図4)米の消費拡大情報サイト「やっぱりごはんでしょ!」
(図4)米の消費拡大情報サイト「やっぱりごはんでしょ!」

https://www.maff.go.jp/j/syouan/keikaku/soukatu/gohan.html

9. おわりに

お米の自給率を中心に歴史を振り返ってきましたが、いかがだったでしょうか。明治時代には輸出国であった日本は、急激な人口増と米食率増に生産が追いつかず、戦前・戦後にわたる約70年の間、お米が国内で自給できずに輸入に頼らざるを得ませんでした。そしてまた現在、米の消費減少が続き、国内の農業生産基盤の維持が大きな課題となっています。これまでの経験は、お米の問題に限らず、私たちの食料自給に対する考え方にヒントを与えてくれるのではないでしょうか。
次回は、お肉のお話をさせていただく予定です。

出典

  • 1.木村茂光『日本農業史』、2010年
  • 2.神戸税関『神戸港150年の記録~貿易統計からみる貿易の変遷』,2017年
  • 3.大蔵省主計局『米価ヲ平準ニスル方案』,1892年
  • 4.岡勇次郎『日本米穀之将来』,1897年
  • 5.大豆生田稔『お米と食の近代史』,2007年
  • 6.江原絢子・東四柳祥子『日本の食文化史年表』,2011年
  • 7.篠原三代平他編『長期経済統計(六)』,1967年、梅村又次他編『長期経済統計(二)』,1988年
  • 8.大豆生田稔『米騒動前後の外米輸入と産地』,2017年
  • 9.海野洋『食糧も大丈夫也』,2016年

お問合せ先

大臣官房政策課食料安全保障室
ダイヤルイン:03-6744-0487
FAX:03-6744-2396