このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

食品ロスの削減・食品廃棄物の発生抑制

「食品ロス」とは、食べられるのに捨てられてしまう食品をいいます。食品ロスを削減して、食品廃棄物の発生を減らしていくことが重要です。

食品ロス削減がなぜ大切なのでしょうか?政府広報で分かりやすく解説しています。
http://nettv.gov-online.go.jp/prg/prg14288.html

食品ロスに関する資料

食品ロスの現状(フロー図)

食品ロスの削減に向けて

    食品ロスの現状や発生要因、削減に向けての取組をとりまとめています。(平成28年10月)

食品廃棄物等の発生抑制の取組

食品産業では、食品廃棄物の発生自体を減らす「発生抑制」の取組が重要であり、平成24年4月に食品リサイクル法にもとづく「発生抑制の目標値」が設定されました。

消費者への普及・啓発

  消費者のみなさんに食品ロス削減の取組を推進していくために、消費者庁を含む関係省庁と連携しています。

食品ロス削減国民運動(NO-FOODLOSS PROJECT)

食品ロス削減国民運動(NO-FOODLOSS PROJECT)とは

我が国では、本来食べられるのに廃棄されている「食品ロス」が年間632万トン発生しています(平成25年度)。世界で約8億人の人々が栄養不足状態にある中で、「もったいない」という言葉の発祥地である我が国として、食品ロス削減にフードチェーン全体で取り組んでいくため、官民が連携して食品ロス削減に向けた国民運動を展開します。

<基本形>

<展開例>

基本形 ろすのん

画像データ(JPG:1,244KB)

画像データ(イラストレーター)

画像データ(JPG:1,182KB)

画像データ(イラストレーター)

 

  • 食品ロス削減国民運動のロゴマークについて 

 このロゴマークは、事業者及び消費者に対して、食品ロス削減を積極的に推進する意思を表明するためのもので、農林水産省において商標権を登録しています。

食品ロス削減に取り組む皆様に使っていただけますので、多くの方のご利用をお待ちしています。ロゴマークを利用したい方は、以下の「食品ロス削減国民運動ロゴマーク利用許諾要領」を御確認頂き、食品ロス削減の取組にお役立て下さい。

食品ロス削減国民運動ロゴマーク利用許諾要領(PDF:112KB)

利用許諾申請書等(様式)(ワード:33KB) (様式の間違いにお気をつけ下さい!)

 

  • 食品ロス削減国民運動のロゴマークの愛称について 

 このロゴマークを全国に広げるため、農林水産省では、平成25年10月25日から11月24日までの間愛称の公募を当省ホームページで行いましたところ、全国の皆様より280件の応募がありました。ご応募頂きました方々には厚く御礼申し上げます。決定にあたり、省内関係部局と農林水産大臣で選考した結果、「ろすのん(PDF:42KB)」に決まりました。

「ろすのん」の名付け親5名の方々

神奈川県在住の「uri」様

千葉県在住の「すずらん」様

福井県在住の「まつっつん」様

愛知県在住の「鬼頭昌雄」様

静岡県在住の「佐々木香公子」様

 

  •  食品ロス削減国民運動啓発用のポスターとテーブルトップの版下をつくりました。このまま使用する場合、利用許諾などの手続きは必要ありませんので、どんどん使って頂いて結構です。

 

食品ロス削減のための商慣習検討ワーキングチーム(平成24年度~)

食品ロスの発生要因となりうる商慣習について話し合い、改善を目指すワーキングチームが平成24年10月に発足されました。

     

 もったいないを見直そう-食品ロス削減シンポジウム-(平成28年度)

 皆さんは日本で一年間に食品がどれくらい捨てられているかご存じですか?
私たちの食べ物は多くを海外からの輸入に頼っています。一方、世界の食料需給は不安定な状況でもあります。
安定した食生活を送るためには、まず、私たちの身の回りの食材を無駄なく大切に使うことが重要です。
こうした中、平成28年10月28日に、「食品ロス」を通じて皆さんとともに考えるシンポジウムを開催し、
約200名の方が集まる大変有意義なイベントとなりました!


年末年始にかけて忘年会・新宴会のシーズンです。
忘年会・新年会でも食品ロス削減にご協力下さい。
乾杯後30分・お開き10分前は自分のお席で料理を楽しみましょう!
みんなで美味しく食べきるのん!!

忘年会・新年会の食品ロス削減にご協力ください!(PDF : 486KB)
店舗用ポスター(PDF : 362KB)
店舗用カード(PDF : 497KB)

フードバンク活動

規格外品等の食品を福祉施設等に提供するフードバンク活動を紹介しています。
農林水産省では、食品廃棄物等の発生抑制による食品産業振興の一環として、フードバンク活動の推進を期待します。
生活困窮・困窮者支援等に関するお問い合わせは、個別のフードバンクへお願いいたします。


 フードバンク活動における食品の取扱い等に関する手引きを作成しました。
 食品の提供・譲渡に係る合意書の作成例もつけています。
 フードバンク活動を検討中の方、ぜひ参考にして下さい!!
 手引きの概要(PDF : 382KB)
 手引き本文(PDF : 311KB)

海外における食品廃棄物等の発生及び再生利用等の状況

 平成27年度食品産業リサイクル状況等調査委託事業により、海外における食品廃棄物の削減に関する計画、食品廃棄物の削減を促進するための施策、食品廃棄物等の発生量及び再生利用の状況について調査を実施しました。

  本調査報告書(PDF:2,820KB)

     分割版(1)(PDF:1,741KB)

     分割版(2)(PDF:373KB)

     分割版(3)(PDF:847KB)

 付表1 調査の概要(PDF:45KB)

 付表2 図表48 食品廃棄物発生量、再生利用量の主要国比較(PDF:13KB)

 付表3-1 食品廃棄物発生量、再生利用量の各国まとめ1(PDF:84KB)

 付表3-2 食品廃棄物発生量、再生利用量の各国まとめ2(PDF:20KB) 

取組の紹介ページ

<農林水産省の取組>

<自治体の取組>

 <その他の取組> 

参考情報

お問合せ先

食料産業局バイオマス循環資源課食品産業環境対策室

代表:03-3502-8111(内線4319)
ダイヤルイン:03-6744-2066